2007/3/19

m4g/1.0サウンドギミックスクロールβ1.01仮公開  VRM4サウンド三昧
利用ガイドの整備もおぼつかぬまま、スクロールだけがバージョンアップしました。サンプル編成の整備を進める過程で、細かいバグや配慮不足に気づいたので、チマチマと直しておるワケですが。

[Download] 【m4g/1.0】サウンドギミックスクロール(β1.01)

先のバージョンをお手元のVRM環境にインストール済みの諸兄にあっては、ご面倒ですが上書き更新をお願いします。まぁ、使う気があるのであれば、ですが。主だった変更点は以下の通りです。

・警笛(SetWaveHorn)を使った力行終了音の発生タイミングに誤りがあったので修正しました。
・警笛アドオンを4つに分解。使いたいもののみを組み込むことにしました。
・リソースIDを直接入力するスタイルから、組み込み済みリソース一覧から選択するスタイルへ変更しました。そもそも、後者にデフォルトリソース(0番)を選択する機能がないことを嫌ってこうしていたのですが、いくらなんでも使いにくかったので。
・惰行/制動判定速度マージンの算出に自動モードを追加しました。
・最高速度リミッターアドオンを追加しました。編成エディタの最高速度(走行音の再生特性を決定する)とは独立して、走行速度に上限を設けることが出来ます。

で、先にも愚痴ったように、言葉で説明しても伝わらないと思いますので、新たに完成したサンプル編成を紹介しておきます。

[Download] m4g/1.0サウンドギミック拡張・サンプル編成4号

キハ82系「つばさ」をモチーフにした“車両スクロール−動力車(DL/DC)”のサンプルです。この車両スクロールを組み込むと、力行/惰行/制動に応じて、走行音だけではなく背景音(SetWavePower)の切替も可能になります。停車中と惰行中はアイドリングですが、力行/制動中は一段エンジン音が高くなります。

とりあえず、お手元で走らせてみてください。例によって実物サウンドの再現を目指していないので、リアリティの点では落第ものですが、雰囲気はかなり出ていると勝手に思っています。

「こんなショボいサウンドで偉そうにすんな、ボケ!」とおっしゃる方は、m4g/1.0サウンドギミック拡張を使って、もっと凄いのを作ってボクを唸らせちゃってください。よろしく。あ、その前に利用ガイドを書き上げないとね。ゴメン、もうちょっとかかりそう。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ