2007/3/31

2007年3月のまとめ  月刊まとめ
こういう冗談もやってみたけれども、いまいち盛り上がっているのか下がっているのか把握し辛かった2007年3月のまとめ。

● VRM入道的ネットVRM界隈今月のピックアップ

沖鳥電車区
SKY & ICE

今月の期待のニューカマー(沖ノ鳥島氏を“新人”呼ばわりするのも失礼な話かとは思うが)をピックアップ。個人的に意外だったのは、沖ノ鳥島氏が、不思議テイストのヘタウマ絵を描くこと。

VRMTextureEditor1.0正式版 @ かずぼっくりのソフト&鉄雑記Factory
「VRMTextureEditor」の使用方法 @ fox-hobby-garden

ストラクチャーカタログ @ VRMチャレンジ日記
VRM4ストラクチャーカタログ- ダウンロード版 @ CaldiaのVRM Room

“コラボレーション”がキーワードだった今月。一人でやっている分には何事も“思いつき”の範疇を出ないが、賛同者が一人、二人と現れ、議論したり手伝ったりすることで“ムーブメント”が生まれる。
手放しで歓迎しつつ、これはこれで(特にネットVRM界隈のような世代の広いコミュニティでは)特有の“危うさ”も内包しているので、適時介入して成長を促したいと思う。

● 今月の注目ニュース

VRM4第6号の収録車両がちょっと意外な件
VRM4第6号の収録車両が怪しげな件

冒頭にも書いたように、盛り上がっているのか下がっているのかがわかりにくかったのは、やはり翌月に第6号のリリースを控え、それに備えてエネルギーを温存していたからなんだろうか。来月が6号への“つっこみラッシュ”になるってのもアレゲだけども。

m4g/1.0サウンドギミック拡張の利用ガイドを公開しました

手前味噌ながら、“ポータブル編成”以来の大規模リリースとなった拙作スクロールをピックアップ。う〜ん、明らかにVRMユーザーのポテンシャルを見積り損なってるよな、と我ながら思う。

● 自薦VRM論考&ネタ

ネットVRM界隈不確定性原理
チラシのウラのウラ
VRMレイアウト作りの行程に潜む二つの逢魔が時について
VRMレイアウト公開は増えた方が良いのか、という疑問
VRMレイアウトの公開が少ない現状は駄目なのか、という疑問
VRMレイアウト公開が増えても無駄なのか、という疑問

以上、2007年3月のまとめでした。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ