悟空〜『空』を『悟る』〜

トロンボーン奏者『悟空』のオフィシャルページです。詳しいライブスケジュールや、活動内容の観覧を希望される方はhttp://hp22.0zero.jp/483/goku0315trb/のHPへアクセスしてください

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ke-ko
以前テレビで若い女性教師がコメントしてたんですが
担任の子の母親に
「あなたには子育ての経験がないから解らないのよ。えらそうに言わないで」って言われたことが
あるらしいんです。
その先生は24歳で独身でした。
お母さんの言ってること、おかしいなって思いました。
子育て経験のある人しか教師になれないってこと?
だったら、例えば仕事一筋で家庭のことは奥様に任せっぱなしのベテラン男性教師だって「えらそうにいえない」側になっちゃいますよね。
しろがねさんのコメント読んでいて、すっきりしました。
しつけと教育、混同してるんです!そうそう!それなんです!
育児放棄と一緒ですよねー。
他人に自分の子供を育ててもらおうなんて・・・。
大人になりきれない子供が子供産んでどうすんだーーー!
投稿者:悟空
>ke-ko様、しろがね様


心強い書き込みありがとうございます。
難しい事を考える必要はないと思うんですよね。
今は小学生が受験をするのも珍しくない時代だし、子供達の負担を考えると、周りを気遣ってる場合じゃないのも否めないです。

だったら、別に私立に行かなきゃいけない法律なんてないんだから、公立に行かせて徹底的に遊ばせるのが一番だと思います。テレビゲームとかじゃなくて、外でね。


子供が学ぶ環境は「遊び」か「お婆ちゃんからの小言」しかないんだから(笑
これも極論かな(苦笑
投稿者:飾屋しろがね
義弟と妹が両方とも小学校教師をしております。
以前より、学校側と児童・保護者側とのいざこざを見聞きしている者として思うこですが、
今の保護者の多くは学校の役割を解ってない、もしくは勘違いしているように思います。

学校は「教育」をするところであって、
「しつけ」をするところではありません。
教師も、「教育」のプロではありますが、
「しつけ」のプロではないのです。
ところが、今の保護者は「教育」の上に、
さらに「しつけ」まで求めようとしています。

確かに、児童の行動をたしなめると言うことはするべきなのですが、
その基本的な行動。
つまり、社会に出て行く上での基本的な、本当に極々基本的なマナーというか、
集団生活をする上で、最低限これだけは守りましょうよ、というしつけをするのは家庭、親の役割です。
その「前提」すらを、教師に一方的に押しつけようとしているのですから、
現場の教師はたまったものではありません。
彼らも、聖職者ではなく一人の人間ですから。

問題は、その基本的な役割を放棄している親です。
つまり、子供に関わる時間が圧倒的に少ないことを物語っていると思います。
そういった子供が、思いやりを持った温かい心の持ち主に育つと言うことは、まず考えられないでしょう。
そして、そういう親は空いた時間を自分のために使い始め、益々親としての役割を放棄していく、それがまた、子供に注がれる愛情を少なくしていくのです。

また、いじめというのは言葉のすり替えでしかありません。
脅迫=ゆすり、恥ずかしい事を強要する
強盗=その子の物を盗む
傷害=殴る、蹴る、叩く
器物破損=教科書に誹謗中傷を書く
名誉毀損=その子の身体特徴をばかにする、親をばかにする
どれも、大人なら立派な犯罪です。
手が後ろに回ります。
悪いことをしちゃだめだよ、
これすら教えられない親が多いと言うことではないでしょうか?

悟空の言うとおり、子供を育てるというのは、
多大な自己犠牲を伴う物です。
「顔で笑って心で泣いて」
この位の覚悟はせめて持っているべきだと思います。

だって。
親は「子供」を育てるのではなく、
一人の「人間」を育てて行くのですから。

http://www.kazariya-shirogane.com
投稿者:ke-ko
まじかで生ボントロ聞きたいから悟空さん怒らせてみるか?

私、小学校の時イジメにあったことあります。
今ほど陰湿ではないにしろ、学校行きたくなくて、死んじゃったら楽になるかなーって思いました。
晩御飯食べながら、もし私が死んじゃったらお母さん悲しむよねーなんてふと思ったら涙出てきて、それを見た母が驚いて私を問い詰めて、いじめられてるって告白しました。
母は即、父の会社に電話して、泣いてました。父から担任にもすぐ話が行ったと思います。
翌日かな?「チクッた」ってかなりやられましたから。
主犯格の子はクラス委員をやるような発言力影響力のある子で、先生にも一目置かれてました。
途中で転校してきた私は、なまじ勉強が出来たので先生にもかわいがられ(あえて勉強が出来るなんて書きましたけど、いやみに取らないでくださいね。ベテランの、そういうところを重視してしまうような先生だったんです。)
きっとそのせいでその子のお株を奪ったんだと思います。

その子のお母さんはPTAの会長さんでした。
参観日に彼女のお母さんを見て、子供ながらに理解しました。
あ、このお母さんだからこういう性格に育ったんだって。
堂々としてて、威圧感があって、よそをちょっと見下してる感があるというか。
子供のときにはそんな難しいことわかんなくて
「なんとなく」でしかなかったですけど。

親があの時気づいてくれなかったら、今の私ってなかったなって思います。
休んだら負けだっていって無理やり学校行かされたけど。私が親になったらこうありたいって思ってます。そして、彼女の母親みたいにはまちがってもならないっていう自信もあります。

私も長くなっちゃいました。ごめんなさい。
バスケ部生徒の自殺、ありましたよね。
遺書に4人の名前を出して、学校側がいじめを認める認めないで、二転三転四転した事件です。
学校側が認めないうちに、4人の子の親が認めたと聞いて、
少しだけ救われた気がしたんです。
謝罪したところで何も戻ってこないけれど、
そこまでされなければ気づかなかった愚かな親子だけれど
彼ら親子はものすごい業を背負って、これから生きていくんですもの。
気づいても、気づかなくても、親子って一心同体なんですよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ