2006/6/6

月イチ図書館・6月  

クリックすると元のサイズで表示します月に一度の移動図書館の日。

今月はまだハリー・ポッターを読み終えてないので4冊だけ。
日常の雑務が多くてファンタジーの世界にのめり込めない。
これが大人になるってことなのね!
どんどんボリュームが増していくのでお付き合いするのが大変。
しかしあと一息だ!次はいよいよ最終巻だ!
『高瀬川』平野啓一郎
数年前に『日蝕』を読もうと試みて敢え無く撃沈した。
「三島由紀夫の再来」だぁ?三島の方が格段読みやすいって。
単語は理解できるが、作者のイメージした情景を文章として大脳の中に再構築できない。
そんな経験は初めてだった。今回は短編集だから大丈夫かな?
新作の『顔のない裸体たち』も読みたいんだけどなぁ。

『少女@ロボット』宮崎誉子
こちらは正反対。若い女の子が主人公でウダウダした分かりやすい文章。
こういうのが分かり易いって、頭がバカ娘レベルに落ちてるんだろうか。
精神的に若い、のでは決してないはず。

『黄泉がえり』梶尾真治
大ヒット映画の原作。私が借りた本は全部娘も読むので喜ぶかと。
でも草薙君役は原作にはないのね。知らなかったわー。
親が読んでおもしろくて、子供がよんでも大丈夫って本はなかなか捜せないのよね。

『京都のおいしいケーキ屋さん』ペンハウス
おいしそうだ〜。食べたことのあるお店が3分の1。
名前を知っている(つまり機会があれば食べてやろうと手ぐすね引いている)お店が3分の1。
全く知らないお店が3分の1。今度はあのお店でスフレを食べるぞお!
0



2006/6/7  0:38

投稿者:かえる

何か凝り過ぎて迷惑なくらい重くなってる・・・。
他の人はきっと光回線で立派なCPU使ってるよねっ!

ブログのお隣にRainnyさんの「本棚」がありましたね。
アニメのない日は紹介してみて。

2006/6/6  19:12

投稿者:Rainny

ファンタジーにのめり込めるまとまった時間が欲しいんだよね。細切れが困るよ。

私も色々本も読んではいるのですが、たまにはUPしてみようかな。

それにしても、この雨〜〜〜〜〜!!!
雨、降ってるよ〜〜〜〜〜!!
しっぽりと

すごいよ、すごい。
一見、お花だけに降ってるように見えるのもステキ☆です。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ