2008/7/8

月イチ図書館・駆け込み  

今日返却日だったのに全部読みきれてなくて、時間ぎりぎりまで粘っていたら。
期末試験中で昼ごろ帰ってきた娘「9月1日の午前3時状態やな。」
う・る・さ・い。後10ページなんやから黙っとき。
「毎日こつこつが基本やで。」
その言葉、あんたにそのままお返しするわ。また赤点取ったら夏休みなしや!

『夜は短し 歩けよ乙女』森見登美彦 角川書店
黒髪も美しい天然ぼけキャラ後輩女子をストーカー的情熱を持って追いかける先輩男子。
その名も「ナカメ(なるべく彼女の目にとまる)作戦」。
舞台は日本随一の変人の巣窟・K大構内と、魑魅魍魎が跋扈する京都市中心部。
日常茶飯事に湧き起こる常識外の出来事を2人がそれぞれの立場で語る、
冒険譚且つ恋の始まりの物語。
前に読んだ『有頂天家族』を裏とすれば、
こちらは表、れっきとした人間(でないのもいるが)様の京都案内。
夜の木屋町、下鴨神社の古本市、学園祭・・・。
偽電気ブランてそんなにおいしいのか。一回飲んでみたいもんだ。

『中原の虹(四)』浅田次郎 講談社
「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」と続いて遂に投了。
もう止めて。これでお終いにして下さい。
ただでさえ歴史小説は苦手なのに、登場人物はどんどん増える。
姓名の他に字(アザナ)・敬称・愛称、それが全部漢字(中国なんだから・・・)。
誰が誰と誰のことを話してんのか、頭をひねりつつ前後の脈絡から想像するのは疲れました。
それでもつい引き込まれてしまうのは、一人々々が魅力的に描かれているから。
歴史上実在する人物たちなので、大風呂敷を広げられているのは承知の上。
それぞれの立場で国を憂い、それぞれが歴史の礎になろうとする。
さーすが、泣かせの浅田ですな。
日本史上重要な時代にもかかわらず、学校では学年末に時間が足りなくなって
大急ぎで端折られてしまうことが多い。日本人として海のこちら側から
観察するのではなく、雄大な大陸に身を置いて歴史を考えたい。

『ブラックペアン1988』海堂尊 講談社
「チーム・バチスタの栄光」から続くシリーズの20年前の物語。
そこからまた遡る20年前の事実。医療の輪廻は延々続く。
若き日の高階がいかに狸じじいへの道を歩んでいったか。
ペアンと言うのは手術の時に使う止血鉗子(刃の無い鋏みたいな)。
特注のカーボン製なので黒く見える理屈。
藤原・猫田両看護師、医学生の田口や速水も登場。

『神様のパズル』機本伸司 角川春樹事務所
天才少女・沙羅華とぐうたら大学生・基一がゼミの課題で宇宙を創ることに?
物理学の理解できない単語は後で調べようとメモに書き出しておいたら、
膨大な数になったので止めた。中には作者の創作した理論も混じってるし。
そのままにしとくのもあまりにオバカなのでニュートンの7月号は買ってきた。
「知らないことを知りたいと思うこと」は、ヒトと他の生物を区別する重要な要素。

『陰陽屋へようこそ』天野頌子 ポプラ社
母親とのケンカがきっかけで家出した元ホストの陰陽師・祥明の占い屋で、
人間の夫婦に拾われ人間として育った狐の子・俊太がバイトすることに。
本人は人間に上手く化けているつもりだがバレバレの俊太を見守る友人や町の人。
東京都北区王子という所はそんなにいい町なのか。子供を育てるには最適だ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ