2009/6/29

ポケットの中に  化粧品・衣料

クリーニング屋に出してあった洗濯物を取りに行くと。
玄関に入る前からおばちゃんが声をかけてくる。
「待ってーてん。家まで行こ思てんけどな。間違えたらあかんし。」
右手に白いビニール袋をぷらぷらさせている。
何か忘れてましたっけ?コートのベルト部分とか。
とりあえず、あなたの前で端末を叩いているクロネコさんの仕事を先に終わらせて下さい。

「これ、お宅のんやろ?」
袋の中から出てきたのは数珠
確かに夫の物に酷似している。って夫の数珠です!
どこに入ってましたっ?コート?スーツ?
「さあー。どこやったかなー。」
最後に使ったのは先月の納骨の日。
べろべろに疲れてその時着ていたスーツのポケットに入れたまま
クリーニングに出したらしい(ヨメはいちいちチェックしない)。

しっかりしたおばちゃんで良かったね。
安物の服は格安クリーニング屋に持って行くのだけれど、
大切な服はここのお店に頼むことにしている。
シミや素材の確認もきちんとしてくれて、
それに合ったコースを選んでもらえるから。
これからも2本立てでせなあきませんな。
0



2009/6/30  2:15

投稿者:かえる

>めえめえさん
あらー。数珠程度で済んでよかったってことですね。
もし夫のポケットから女性物の×××なんて出てきたら・・・!
で、そのサラミ返してもらいました?

http://silver.ap.teacup.com/guinkaeru/

2009/6/29  22:47

投稿者:めえめえ

昔、身内の葬式後の話です。
小さかった娘は正装の洋服を持ち合わせていなかったので、
近所のお友だちが地味な色のワンピースを貸してくれました。
わざわざクリーニングに出して返さなくてもいいと言われ、
汚れが無いかチェックし、陰干ししてお返ししました。
翌日、お母さまから連絡がありました。
「あの〜、ポケットにこんなのが入ってましたけど。」
娘は火葬場で骨になるのを待っていた時、
出されたおつまみ(ベビーサラミ)をたくさんポケットに入れて持ち帰っていたのです。
気が付かずに干してそのままお返ししてしまった母(私)でした。
あ〜恥ずかしい(汗)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ