2010/12/28

第8回企業フィランソロピー大賞  業務編

フィランソロピーとは

ギリシャ語のフィリア(愛)とアンソロポス(人類)を

語源とする合成語で

直訳すると人類愛

慈善のことですが

日本では「社会貢献」の意味で使われています。


公益社団法人フィランソロピー協会
http://www.philanthropy.or.jp/

2010年 第8回 企業フィランソロピー大賞
「アメリカンファミリー生命保険会社」

贈呈理由:
アメリカンファミリー生命保険会社はがん保険を主力商品とする保険会社であるが、がんを通して社会還元すべく、社員、保険販売代理店が一体となって、「がん・医療」をテーマにした「アフラックがん遺児奨学基金」、「アフラックペアレンツハウス」「ゴールドリボン運動」の3つの活動を柱としたプログラムを展開している。中でも、小児がんのために地方から東京・大阪の専門病院で闘病する子どもに付き添ってくる家族のための宿泊施設「ペアレンツハウス」は、現在、東京では亀戸と浅草橋、それに大阪の3棟ある。ここでは安価に宿泊出来るだけでなく、ソーシャルワーカーの相談も受けられ、心の負担を負った家族が精神的な支えを得る場ともなっており、その社会性は大きいものである。
また、同社の取り組みによる波及性も大きく、全国で、こうした活動に取り組む事例が増えている。また、施設を認定NPO法人ファミリーハウスや財団法人がんの子供を守る会が運営しているが、専門性のあるNPOと企業の協働の好例である。さらに、運営にかかる費用は、8割を超える社員や販売代理店であるアソシエイツの寄付やチャリティ募金、会社からのマッチングギフトで賄われるなど、全社を挙げての活動となっている。
奨学金、ゴールドリボン運動を含め、本賞の趣旨である本業に関連付けた同社の活動は、ステークホルダーの理解と積極的な参加により支えられており、企業フィランソロピー大賞のモデルとして高く評価できるものである。


活動内容:
「アフラックがん遺児奨学基金」
「アフラックペアレンツハウス」
「ゴールドリボン運動」
の3つを柱としたがんと闘う人のための活動


(http://www.philanthropy.or.jp/contents/activity/corp_award_2010.html より 引用)


--[Hiroからのご案内]--------------------------------------
アフラックの保険資料請求 無料保険相談を承ります。
PC版 : http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
ケータイ版 : https://m.webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
アフラック(アメリカンファミリー生命保険)代理店ホームページ
http://www14.plala.or.jp/relax_for_you/hoken.htm
--------------------------------------------------------
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ