2006/4/24

LV値*4.0の器用値の価値  

久々に検証系記事デス。

武芸・暗殺・僧兵と近接物理系アタッカーを一通りやってきましたが
常々悩ましかったのは

器用値LV*3.4・残り全て腕力付与のキャラクタA
器用値LV*4.0・達成のためにAより腕力を殺したキャラクタB

のどちらが実際にダメージを出せるのかということでした。
そこで、何で今までこんな簡単な検証をサボっていたのかと思う程の
シンプルな検証を行いました。

サンプルNは
殴るばかりで生命は結構高い実験動物さながらのお方
寝肥センセイであります。
僧兵連撃で即死せず、且つ連撃+気合撃四で氏んでくれるため
安全に実験を行える対象としてワタクシの中で人気。

サンプルPCは勿論ワタクシ
実装は
僧兵連撃、気合撃・四、十二天護法撃、練気の法・四、生命吸収・参
槍術極意、反撃封じ、命中術極意、剛力の法・参、禅


ザコ狩り実装から単体回復を抜いたソロ対応仕様。

サンプル状態・A
クリックすると元のサイズで表示します
上記で言うキャラクタA
攻撃533
器用はLV*3.4以上LV*4.0未満(画像は丹入りなので-50換算)
メチャクチャ低い対人レートが目を引きますがスルーしてください。

クリックすると元のサイズで表示します
一人目に僧兵連撃:2469ダメ

クリックすると元のサイズで表示します
二人目に僧兵連撃:2568ダメ

寝肥センセイにはデフォがついていることを忘れていました('A`)
しかしコレはダメージの伸びの検証ではなく器用値による比較検証なので
気を取り直して次。


クリックすると元のサイズで表示します
上記で言うキャラクタB
攻撃491(サンプル状態Aより42↓)
器用はLV*4.0↑(画像は丹入りなので-50換算)

クリックすると元のサイズで表示します
一人目に僧兵連撃:2473ダメ

クリックすると元のサイズで表示します
二人目に僧兵連撃:2470ダメ(ただしフィニッシュ)
一発目は二段目をかわされました生きててスイマセン('A`)


・・・まあ、ある程度予期はしていました。
物理アタッカーを作ったことがあるお方なら
攻撃を42上げるための労力がどれほどのモノかはよく御存知だと思います。

しかし。

御覧の通り、
器用をLV*3.4からLV*4.0に伸ばすと攻撃42差をモノともせず殆ど同じダメが出る
という結論が出ました。


導き出される結論はただ一つ
武芸・僧兵・そして初期器用10以外の暗殺は
まず第一に器用LV*4.0を達成すべきである
ということになります。

そして問題なのは、上記3者において忍者以外の2職については
初期パラメータ配分の時点で器用をスルーすると
付与がメチャメチャきつくなるということです。

コレが器用パッチ後における結論なのでしょう。
一流の武芸、一端に殴れる僧兵を目指すなら
初期器用は絶対に振るべきなのです。

初期器用MAXの暗殺は勝ち組中の勝ち組です。
ただし全身の装備に一箇所でも器用マイナスの入魂カスがあると
LV*4.0から脱落するというデリケートな一面もあります。


なお、コレで目指す胴装備の最終形態が決まりました。
腕50器18に他なりません。



2006/4/26  19:51

投稿者:岩熊

モチロンサ
頑張るのは金策だけどなorz

2006/4/25  18:48

投稿者:播磨

がんばれ、うちもがんばるよorz

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ