2006/8/25

Agony is my Name  アタッカー

休み明け初週に6:30起き8:30出向&昼本社帰還をやった所為か
既に体調の悪い弱いワタクシ。
昨日は帰宅後ちょっと稲葉を覗くも気づいたらベッドにうつ伏せで
0:00を迎えておりました。
ちゃんとログオフしてあったのがマメにして病気を感じます。


一昨日のTDで暗殺乱舞が殆ど習得完了間近まで来ていたので
昨日は意識を取り戻したあと適当に少数のLV45↑をソロって
乱舞を覚えておきました。
武芸と違って暗殺はコレでようやくメインウェポンが揃うので
やっとこヤレヤレという感じです。

実際、神魔を入荷するまでのドノーマル暗殺は
TDで役に立つ立たぬとかツライとかそれ以前に
面白くありませんでした。
LV50か51でスロが増えるはずなので今度はTDから経験にシフトですね。


という段階なのでボチボチ刀鍛冶の方にも手を戻しつつ
・・・と思ったら玉鋼を切らしている惨状。
そう言えば長らく野剣を作っていなかったので暗殺の生産潜在も低い。
どれくらいかと言えば基本と戦闘はLV20なのに生産はLV8ってくらい。

ちょっとした悩みとしては
この暗殺は初期魅力2ですが、商談を振るべきかどうかというところ。

正直
腕器型の全てのキャラはダメージのために他の要素を捨てているため
振りたい潜在能力が山ほどあると言えます。
最たるものは健康(生命)。また連撃型がメインの場合は気合も。
当然、付与限界の外にある握力(腕力)は10に近いほどイイし
忍者以外であれば、少しでも付与負担を減らすための機敏(器用)も必要。

と言った具合に例によって理論だけ先行して
現在基本潜在60ポイント浮遊中・・・クマッタモンダ('(・)`)






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ