2007/2/7

An Affirmative Relief  その他

最近カテゴリが僧兵の記事書いてないなあ
と思いつつも実際動かしてないので仕方なし。
同じ長柄持ちの守護挑発耐性無しアタッカーとして演舞が台頭しているので
僧兵で頑張る気力が無くなってるのが現状。

単純攻撃力比較は割りとどうでもいいんですが
何せ向こうはマイナーアタッカーに属するかも怪しい看破痺れ持ちなので
ぶっちゃけ新しいメジャーアタッカーの一角なんじゃないかと思ってます。
天地人と痺れ斬り以外の特化技能が満遍無くアレなので人口的にマイナーなだけで。


そんな中で今年最初の開発本陣更新。
戦闘バランス、特化バランス、生産習得の見直しだそうで
真っ先に浮かぶフレーズが「軍学救済」なくらいですから
きっと何か入るでしょう。きっと。多分。

不人気特化の技能効果調整と現状必須技能の代替技能の調整となっており
告知文面だけを見ると現状メジャー技能の弱体には触れていないのですが
まあそこは光栄なんで底上げだけで終わるとはなかなか考えにくいものが。

傾奇に関しては特化以前に通常技能から全て見直す必要がある状態なので
既存7職バランスより傾奇アイデンティティの確立が主題であることを期待。
天地前の演舞の寄生度改善、ザコ狩りに使える能楽技能なども欲しいですが
それ以前に「既存7職でなく傾奇を入れたことにメリットを」という
課題を果たして欲しいものです。


ヘイト概念の修正も来るそうです。
既存技能のヘイト上昇率の変更は元より
与えたダメージがヘイトに影響するようになるということで
これはなかなか厳しい調整なんじゃないでしょうか。

単純明快な効果としてはアタッカーの生命付与必須化の助長。
これは新Dでは既に当然のものとして考えられていますが
ダメージングパワーが大きいほどヘイトも上昇するということで
初撃を入荷した武芸などは立ち回りが根底から考え直されるかも。
また、大ダメージを出せる反面生命は低いデザインのアタッカーは
ある意味窮地かもしれません。神典や演舞がそれに該当します。

アタッカーがヘイトを稼ぐようになることで影響を受けるのは
むしろ盾ではないかという考え方もできます。

より固定力が強く、よりヘイトを稼げる盾が求められるようになるということで
武士道・罵詈を持つ鎧と言った盾職盾特化は健在か。
(青呪霧系の極み対策が現在と変わらないなら鍛冶屋自体の風当たりも変わりませんが)
自キャラで言うと、刀鍛冶は固定力とヘイト上昇では今ひとつなものの
怒り開放で数千ダメージ出すことがヘイトに繋がってくれるならアリかも。


ここに来てヘイトの調整が入ること自体が傾奇のアイデンティティ確立策の一つ
と考えることもできますね。
黒衣化粧・道化芝居・転嫁御免と言ったヘイト操作系技能は
何気に傾奇のデザインコンセプトの一環を成しています。
尤も、ザコ狩りでアタッカーに黒衣が必要なほどのバランスになったら
傾奇必須化の前にザコ狩りが成立していない気もしますが('A`)


あとは楽市の検索強化。
一重に宝玉関連の検索キー充実を願います。形と共晶効果だけでもいいので。
あと装備品側の検索キーの主枠値もホシイ。

いずれにせよ
生産調整で傾奇の生産習得がマシになることは明らか
(来なかったらオカシイ)なので
生産は待つことにしましょう。



2007/2/8  11:09

投稿者:某教門徒

>>オヤシロ様
何この電波('A`)

>>伊藤軍学殿
いやいや、ここで何故か更に軍学弱体来ますって。

不動の陣弐が必須技能なので代替技能の不動の法を全体化しました。
活殺自在が必須技能なので代替技能の大音声を強化しました。
崩落の計が必須技能なので効果を100%でなく確率にしました。
混水模魚の計が必須技能なので代替技能の大元帥明王法を強化しました。
準備動作中でないNPCへのみねうちのヒット率を0%にしました。
技能・二刀流と特化・上級軍学の技能を同時に実装できないようにしました。

2007/2/8  2:50

投稿者:伊藤軍学

とうとうきますかね…軍学救済…
嬉しいような、少し寂しいような天邪鬼プレイヤーなんですが、頼むから安易な優遇技能を入れるのだけはしないでほしいところ。
どんな救済が来るかワクワクしながらも、来なかったら、来なかったでそれもまた自分にとってはタマランわけですけどね。

http://souheirengeki.blog86.fc2.com/

2007/2/8  2:24

投稿者:オヤシロ様

どうか嘆かないで。世界があなたを許さなくても、私はあなたを許します。

どうか嘆かないで。あなたが世界を許さなくても、私はあなたを許します。

だから教えて下さい。あなたはどうしたら、私を許してくれますか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ