2009/2/27

3333  僧兵

正直、羅刹浄天が気になって仕方ありません(挨拶)
演舞の強化を受けて本気薙刀を作ろうと思い立ちましたが
ぶっちゃけ僧との共用を視野に入れてたりします。

コレに際しては某氏に付与だけで生命腕力を入れる方法を
質問しましたが、私が考えていた方法は物凄いリスキーな
ギャンブルでしかも思い切る寸前でした。
(※回答はソレよりはマシなだけで相変わらず超難度)

本当、人の意見を聞くことは大事デスネ。危うし。


演舞強化内容は剣気による瞬間最大風速+20%と硬いボス戦
での術ダメ方面からのアプローチで既に完結しているので
専ら夢のある羅刹浄天のことを考えています。

どうせなら新規に僧兵を作成して羅刹浄天を持った状態で
九州進行がどうなるか試したい気持ちがあります。
金剛力も羅刹浄天も特化4に収録ですから、特化5ゲット
や野戦2クリアなどは結構変わるんじゃないでしょうか。

現テストワールド仕様レポートによると
意外なところが意外な仕様になってました。

・羅刹浄天自体は準備無しで、気合1200、ウェイト10?
・金剛力の使用により、与ダメ値の蓄積が開始される
・蓄積ゼロ時は3人に100回復('A`)
・蓄積はMAX1万で、金剛力解除後も蓄積カウントは持続
・徒党内で生命の減っている3人に蓄積値を等分して回復
・智拳印の効果を受ける(+150)
・羅刹浄天を使用してもカウントは消費されない
・金剛力を再使用するとカウントがゼロになる

1万貯めたらその後ずっと3人3333回復準備無し
ただし金剛力を再使用したらやり直しってことですよね。
最後の二つは効果が逆でしたサーセンってオチが高確率で
起こる気がしますが、取り敢えず現verは強いですね。

気合1350や1200級の技能をガンガン振り回すことを要求
されているわけですから、やはり僧兵のサブステとしては
知力の重要性が飛躍的に高まっているようです。
元々腕力も器用も低い職だけに要求される潜在LVは凄まじい
ことになりますが、完成の充実感もスゴそうですね。

今回の強化方向性の違いからも見られるように、開発側は
「演舞は主矛枠しか無いので主矛に耐える強化」
「僧兵はハイブリッドなのでマルチタレント性を強化」
という認識で固まったようですが
これが僧兵の今後の火力アップを難しくしているのが
悩ましいところです。
(※召喚は未経験なので語ることは避けます。)



2009/3/5  11:21

投稿者:門徒

又聞きで記事書いて誤情報になってしまいましたが
やっぱり浄天放出で蓄積値消費でしたかスイマセン
次のエントリで修正しておきます。

とりあえずもう羅刹浄天が特化4−4に入ることは
決定事項なんでしょうねえ。
挺身の術や四封無踪を止められなかったように。

金剛+攻撃によるチャージ前提として
本当に閻魔連打や詠唱もらって全体4連打より
有効なの?ってのが焦点ですね。

3333回復*3人は隠し玉としてはデカいですが
コレが大活躍する場面で起こすだけの蘇生しか無い人を
頼りに出来るのかどうかと言うと・・・

2009/3/5  3:27

投稿者:nekotama

現状のテス鯖仕様では
蓄積状態中に金剛力を使っても蓄積値はリセットされません。
又、浄天を使うと蓄積値が0に戻ります
最初に金剛力を使った蓄積状態は浄天を使って放出しても残ります(効果時間は永続が有力)

テス鯖パッチ後に道場で試したので実戦で有効かどうかは不明です。
いつもの事ですけど、テス鯖で実装→本鯖そのまま適応→使えなかったらゴミ、強すぎたら修正の流れは本当テス鯖いらないなぁと思いました

(´・ω・`)自分的には召喚が気になる所なんですがね

2009/3/3  15:19

投稿者:門徒

はじめまして。
テ鯖では今のところ金剛力を再使用しない限り
羅刹浄天を放出しても蓄積値はリセットされないっぽいですよ。

金剛力のコマンド入力にリセットフラグがあるようなので
雅楽さんに継続の唄で金剛を持続してもらえば蓄積しっぱなし
にできそうですが、用途が大回復=危機の脱出である以上
継続維持が可能な場面じゃないっぽいですね。

どうも開発は回復能力を超絶なメリットと考えているようで
火力と回復力を両方持った特化(僧兵/密教/召喚/神通)
の火力強化には物凄く慎重ですね。

2009/3/2  19:48

投稿者:しがない僧兵

こんにちは^^
いつも楽しく読ませていただいております^^
新技能の蓄積値は一回使ったらまた0からためなおしですよね?;x;
しかも金剛張りなおすと蓄積値がリセットということはアタッカー兵としては全然使えなさそうで残念です;x;


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ