2009/7/7

作成ガイド:暗殺  キャラ作成

次は今も何かと話題になりやすい暗殺です。

意外とこの特化はパッチ導入時に名指しで調整対象に
なっている気がします。

破天ではほぼこの特化のためだけに忍者刀
(現仕様で言う妖刀の旧称)が大変身したし、
争覇開幕時点の陽炎&紫燕殺の強さは言わずもがな。

今現在はダメージッキャップ自体は武芸演舞に並ぶ
ものの貫通力に乏しいという、従来に近い性質に
戻っています。

【暗殺奥義】

■特化概要
 サポーティブアタッカーである忍者という職の中でも
 物理攻撃力に注力した特化。
 特化に妖刀限定技能を複数持ち、忍者3特化の中でも
 とりわけ一刀流に秀でているほか
 命中率上昇、守護無効化、攻撃+看破・弐、守護抜け
 近接物理、蘇生無効化攻撃など非常に多彩な構成。

 忍者自体の器用が高いため物理アタッカー特化として
 制約事項が少なめであり、完成状態に達するのが
 比較的早いと言える。

 ただし、陽炎に弱体化を施された結果、貫通力に困窮
 しているため防御力の高いボスへのダメージ力に
 やや難がある。

■徒党需要
・破天以前のダンジョン全般でメインアタッカー枠
・九州の城ノックでの結界破り枠
・動物ノックでの開幕知子係(要懐剣二刀)
・九州ボスでの看破アリ守護抜け攻撃枠

■対象プレイユーザ層(※覚醒の刻以降)
・ただダメージを出すだけでなく多彩に動きたい人
・大ダメ出る相手には出し、出せない相手には裏方に回る
 割り切りったプレイが可能な人
・手番が来てもすぐにコマンド実行せずバーを見て
 次の手を修正できる人
・ほぼ同じ防具で硬い敵への火力に秀でる演舞が居ても
 やっぱり暗殺をやりたい人
・俺様は殴るので看破や痺れはお前らに任せる
 という発想に至らない人
・争覇初期陽炎に未練が無い人

■初期パラ傾向
・腕力+魅力
 物理アタッカー特化の基本である腕力を上げ、
 気合回転率と挑発技能のレジ率に影響する魅力を
 次点とする配分。特化概要に即している。

・腕力+器用
 純粋なダメージ効率を最重要と考える人向け。
 ただし器用も振れば貫通力が劇的に上がるわけではない
 ので要注意。

・腕力+耐久
 もう今後貫通力は滅殺閃・極に賭けるしか無いじゃん
 と思う人向け。生命吸収をくれる知人必須。

■紋所の傾向
・桜紋(腕力)
 鉄板チョイスと言える。
 次点で伸びるパラが魅力なのも美味しい。

・月紋(魅力)
 一所をレジることに命を賭けたい人向け。

■隠れ里
・初期腕力が高いなら普通に殴り続けるだけでも
 特に問題無くクリアできる。
 強いて言えば配布される武器が軒並み弱いので
 PC鍛冶屋からあいくちを買えればベター。

・生産クエを経由して卒業したい場合、忍者の生産
 目録には配布条件に忍之心得が入っているため
 習得し忘れないよう注意。

■中級クエ序盤
・ソロ主眼の場合、回避術極意・反撃術極意・小型二刀流
 +霞斬り・参の鉄板構成が揃えば全く問題無く進める。
 勿論一刀流でも構わない。

■LV30〜(潜在能力・瓦版開放)
・基本潜在は何はともあれ応用力2マス+練達3マス。

・基本実装枠を10にする方策は応用力2マス前提とすると
 知力初期値の場合はLV60+冷静15、初期値+1の場合は
 LV60+冷静9で達成できる。

・忍者は器用のケアを後回しにして構わないので腕力・
 生命・魅力を重視して伸ばす。

・戦闘潜在は取り敢えず勇猛心と剣術系。
 また腕力&魅力というニーズそのまんまな隠し項目も
 必須レベル。探検系も必要項目は基本潜在に準拠。

■装備
・忍法の台頭で楽市では妖刀供給の一部が懐剣供給に
 入れ替わってしまったが、それでも基本的に買い物に
 困ることは少ないと思われる。

・主に生命・腕力付与のアタッカー向け装備が必要。
 頭と胴に生命120・腕力12のベースを用意できれば
 藤岡石で生命220腕力42、精錬でもう少し伸ばせる。

・武器はまず妖刀から入って良いだろう。
 人気商品になった懐剣を2本揃えるのは初心者にはかなり
 デカい出費なので。

・財産の無いうちは家紋彫付与石を全部腕力にして
 上手くつないでいきたい。

■瓦版(低レベル期)
・敵が弱ければ開幕霞斬り・参で救援を待っても良い。
 敵が強い場所では旗になるのを避けるべきではあるが
 緊急時には開幕から隠れ身を使い、不意打ちは打たず
 に救援を待つ。
 ただし隠れ身発生前に金縛りを食らったらまず死ぬ
 ので見切りをつけて救援を停止すること。

・低レベル期はダメに乏しいだろうが、取り敢えず
 三連撃で攻めれば特に問題は無い。

■習得傾向
・通常目録は系統こそ多彩なものの3マスの目録が多く
 習得は比較的楽な部類に入る。
 瓦版で有用な三連撃・隠れ身、ステータスである移動
 の速さを支える神速の術・弐などを押さえて行きたい。

・秘技之書は有用技能が点在するが、取り敢えず剣気隆盛
 と全体看破・弐が揃う秘技弐の2マス目までは
 早期に押さえておきたいところ。

■特化クエ〜比叡クエ〜四神クエ
・暗殺の特化構成は参が終わるまで強力な攻撃技能が
 加入しないため、これらのクエでは三連撃を継続して
 主砲に据えることが多く、打撃力では他特化に一歩
 譲る可能性が高い。積極的に看破や結界破り、術トメ
 を担当して将来の練習を兼ねたい。

・神力両断のダメージは連撃クラス、改で三連撃より
 やや上程度だが、どちらも貫通力が低いため
 防御の高い相手へのダメージは三連撃に劣る。
 過信しないように。

・言うまでも無いが徒党戦では盾枠が1〜2人居るため
 忍者に攻撃が集中する事態は考えにくい。
 よって、こう言った徒党時には反撃術は無用。

■鎧剛鬼
・主砲を暗殺乱舞、看破は弐、可能なら痺れ斬りを
 崩旋脚に置換してのアタッカー枠となる。
 装備の品質は高くして挑みたい。

■瓦版(高レベル期)
・霞斬りが四になる以外は従来の基本のまま。
 瓦版クラスの敵は紫燕殺でバタバタ死ぬので
 気持ち良く活躍しておく。

■高レベル期の各種クエ
・九州の友好2000は耳1ノックや攻略で。
 陽炎と紫燕殺はなんだかんだ言っても暗殺の技能では
 非常に重要なので早期に押さえたいところ。

・九州は人型ボスという性質上、暗殺の本領が問われる。
 具体的には電光石火。魅力を高めて一所をレジり
 電光石火で守護を抜けて確実に希望のタゲを攻撃できる。
 アイコンが消えると効果時間終了なのでかけ直しの必要
 があるが、大抵そういうタイミングで完全回復などの
 デカい準備が来るのがお約束。
 こういう場合には瞬殺閃での対応を考慮したい。

・これは看破のあるアタッカー特化には稀有な特性であり
 硬くてダメが通らない固体を電光石火でスルーして
 やわらかい奴を殺して総崩れを誘発するという戦略にも
 応用できる。

・ただし九州以降ともなると徒党全体に及ぶ大ダメージ攻撃
 が多くなるため、後先考えずん陽炎で生命を捨てて
 そういった攻撃でトドメを刺される事態は避けるように。

■覚醒傾向
・紫燕殺を真っ先に覚醒しがちだが、貫通力問題に多少なり
 とも抵抗するために暗殺乱舞から育て切るのも悪くない。
 様々な技能の隠し項目に腕力が設定されているため
 長くやりこめばリターンはある特化と言える。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ