ハンドメイド lu-x(るっくす)

手作りアクセサリーショップlu-x(るっくす)の店主ホイミのつぶやき&手作りブログ
** SHOP ** http://www.lu-x.jp **

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

おすすめ本

人気の包丁侍シリーズの完全新作


新シリーズ

よく利用するサイト



RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ホイミ
キキさんへ*
ありがとう^^流石にイタイ出費に凹んだけど、今度はゼッタイに同じ様な事故が起きないようガッチリとしたケースも入手したので、二度と起きないハズょ(;´▽`A``
ホタルにフラッシュしたら、目が眩むのか狂ったようにグルグル回ってしばらく飛べない子が居たわ。赤い補助光もダメージくるみたいね。

光源になるものがないとなかなか暗闇で写すのは難しいですから、みんな苦労しているんでしょうけれど、サスガにフラッシュが届く距離を知らないのか、イチカバチカを試しているのかフラッシュ焚いちゃう人が多いのよね^^;

目に映る風景を画像に写せないものですね、人間の目が写し出す風景とカメラで写す風景とはまったく違う。。ただし、カメラにもそれぞれ特性があり、設定次第で人間の目に近付ける方法があるようで、奥が深いようデス。
投稿者:キキ
ホイミさん、それは痛いっ、悲しいっ!
でもどこへ行ったんだろう・・・
そりゃ凹みますよぉぉぉ(泣)

ホタルの撮影ってホント難しいですよねぇ^^;

私が住んでいる市内にも有名なみどころがあるので毎年出かけるけれど、やっぱりフラッシュをたく人が絶えないの〜
役に立たないし、ホタルに迷惑なだけだって言うのにね。。。
今年は河原に降りてずっと撮ってる人もいて、最初、子どもたちと‘赤い光のホタル?’ってビックリしたんだけど、よく見たら人が構えてるカメラの赤い光だった〜っ^^;
…って気づいた頃、横にいたちっちゃい子も、「お母さん、赤いホタル!」と言ってましたよぉ…ハハハ

それなりの準備がない時は、自分の目に焼き付けるのが一番カナ♪

ホイミさん、元気出してね〜^0^

ショップlu-xはこちらから



lu-xメルマガ

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ