2009/2/22

2/22龍ヶ崎おくら  バックステージ

大正時代の古い土蔵で行われたバレンタインライブ。
とても雰囲気のある中で唄わせていただきました。

しかしながら、会場だった2階の床を破壊してしまうというハプニング発生。
ピンヒールが板の隙間に挟まってしまい、見事に穴があいちゃった!
階下にいた人は、かなり驚いたみたいです。。。
貴重な建造物なのに、いやーな汗がタラタラ出ましたね
うわー。。。やってしまいました…

クリックすると元のサイズで表示します

今回はピアノ&ベース&ドラムスのトリオに加えて、
タップダンサーとの初コラボを体験しました
Tennこと湯浅典子さん。
クリックすると元のサイズで表示します
ビートのある曲はもちろんカッコイイんですが、
ベースソロでのルバートで始まったSummertimeでは
アンニュイな雰囲気で素晴らしいパフォーマンスでした。

歌モノは9曲でしたが、そのうちBei Mir Bist Du Schon
Route 66、一緒にやりましたよ〜。

アンコールで唄った、You'd be so nice to come home toでは
ボーカルとタップで4バースを。。。なんだか嬉しくてニヤニヤしちゃった(笑)

そして今回は、ミクシイ友達のまだらやさんがいらしてくださり、
人生初めての逆チョコをいただきました。
なんとラベルのプリントが逆になってる〜(笑)
こりゃ大事にしなければ。。。
まだらやさんのレポートはコチラ 
http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/buti0/eid/692908/
どうもありがとうございました〜



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ