2009/3/20

ネイティブとカラオケ  バックステージ

ご近所のアンの家へ…。
なんだかここのところ頻繁に行ってるかも(笑)

仲良しのピアニストさんと
音楽以外の友達の、合同誕生日祝いをしました。

たまたま知り合いのジャズライブが入っていて
なんともゴキゲンな夜。。。

アフターセッションのあとはカラオケタイムになり
楽しいひとときでしたよ〜


トモダチになったイギリス人のFくん、26歳。。。
背が高くて、これがまた絵に描いたような美青年なんですよ。
ホントに少女マンガにでも出てきそうなほど(笑)
あの足の長さ、同じニンゲンとは思えない…。

なんだかその場のノリで、アラジンのテーマ
A Whole New World をデュエットすることに。。。

普段英語で唄ってるくせに、会話となると
てんでダメなんですよねぇー
まして一緒に唄うなんて、ある意味コワイモノ知らずというか…

でもあんな本気モードでネイティブと唄ったのは初めて。。。
触発されますねー。自分でもビックリ!!!
アドリブでフェイクしたら、彼も一緒にハモってくれたりして
なんだか嬉しくなっちゃいました。
唄い終わって、思わずハグ!

しかしながら…いやぁー、ホントに参りました。
♪ Tell me, princess ♪ …なんて瞳を見つめられながら
甘〜い声で唄われちゃったときにゃぁー、もう!

自分がコッテコテの日本人だっていうことを忘れた
夢のような時間でありました。。。(笑)




2009/3/23  14:52

投稿者:mari-momo管理人

●いにしえのしらべさん
いつもコメントありがとうございます。嬉しいです♪
いにしえのしらべさんは、いろんな国のかたと交流があるんですね。
学校教育ではイギリス英語ですよね。
そのせいなのか、とっても綺麗な音で聞きやすいな…という印象を持ちました。
英語が飛び交う環境って、なかなか日本にいると少ないのでとても刺激的ですね♪

2009/3/22  9:09

投稿者:いにしえのしらべ

こんにちは。
僕はアメリカの方やオーストラリア、ブラジルの方々なんかとはお話したことはありますが、イギリスの方とはなくて。
やはり感性とか大陸の方々より日本人に近かったりするんでしょうか。
イギリスの方ともお話してみたいなあ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ