ヲタクの道は修羅の道、進め茨のヲタク道

的な、でも徒然なるゆるいブログ ってゆーか割とありがちなぬるいヲタクの備忘録

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masakidaiki
ジャージャービンクス様、始めまして。書き込みありがとうです。
子供向けに書かれたSFですが、まだ読んだことのない全ての大人に読んで欲しい作品ですよね。
今読んでも全く色あせないっていうのは私も同感であります。
投稿者:ジャージャービンクス
知り合いの先生に勧められて読みました。
読んだ感想ですが、これは大人向けの児童書といっても過言ではないと思いました。
内容は、核戦争や科学の進歩における功罪など児童書にしては
重いテーマを扱っているなと思いました。
それに、この物語には、完璧におかしなことを言う人間
(例えば科学は力だとか科学は完全だとか)はいなく
岩田君や次元放浪民などの登場人物の主張していることにも
それぞれ説得力があるなと思いました。
山沢君が、岩田君に「科学なしに生きていけるのか?君が使っていた
レーザーだって科学の産物ではないか」と言われるシーンがありますが
このあたりは、科学は使い方を間違うと恐ろしいことになると
わかっていて嫌悪しながらも、
科学なしでは生きられない人間の弱さを表していると思います。
屋上での別れの際に岩田君はこう言います
「理想の世界なんてあるのでしょうか?
住む人の気持ちしだいでどうにでもなるのではないでしょうか、
そう思わないとこの世界にしか住めない僕達は救われません。
自由に世界を移動できるから選り好みしてしまうのではないでしょうか?」
この部分を読んだ時、僕は深いなと思いました。
それから、ラストの山沢君のお父さんの台詞。これは、
人生観が変わるといえば大げさですがとても心を打たれました。
この台詞が全てを物語っていると思いました。
この物語が書かれたのは40年ほど前ですが
2007年の現在読んでも全く色あせないです。
この物語のメッセージは今読んでも十分伝わると思います。
この物語は、子供向けにかかれてますが、
子供のみならず大人の方にも(今の混沌とした日本じゃ、むしろ大人の方こそ)読んで欲しいです。

検索で来られた方へ

 お探しの検索ワードが見あたらない場合は上の検索欄をお使い下さい。
 カテゴリ別に探す場合は記事カテゴリ欄からお探し下さい。
 本文に関係のない書き込み等は非表示にします。
 詳細

管理人欄

過去ログ

HPの主な更新情報

薄い掲示板

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ