ヲタクの道は修羅の道、進め茨のヲタク道

的な、でも徒然なるゆるいブログ ってゆーか割とありがちなぬるいヲタクの備忘録

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masaki daiki
今月のGyaO!の無料配信で『ふしぎな島のフローネ』の冒頭11話まで観ました。
無人島に辿り着くまでの船上の設定は10話までで全て納まっておりました。第1話は今一でしたが、それ以降の11話までは面白かった。
オーストラリアに着いてからの背景設定もチェックしたいので、近いうちに最終回の分だけでも観るつもり。

http://silver.ap.teacup.com/masakidaiki/667.html
投稿者:masakidaiki
『ふしぎの島のフローネ』の情報ありがとうです。(^o^)丿

なるほど、言われて見れば確かにそーゆーツッコミ所はありますね。その着眼点には意表をつかれました。^^;

私がチェックした範囲では
スイスのベルンと無人島の部分は観れたのですが
ライン河を下る辺りや船の内部、オーストラリアに着いた後の箇所は今の所まだチェックできてないです。


おいらは本放送では名作劇場は殆ど観てなかったですねぇ。
名作劇場シリーズの面白さが解って来たのは大人になってからでしたねぇ。
投稿者:嘉孝
『ふしぎの島のフローネ』は、本放送でみました。この世界名作劇場?カルピス劇場かな「ムーミン」の頃からお世話になっています。ただ「アンデルセン物語」やなぜか、「赤毛のアン」は本放送では拝見してないのですが。 『ふしぎの島のフローネ』は家族ロビンソンクルーソで漂流して様々な困難に遭いながら、最後は救出され、ハッピーエンドでした。
ただ、この話で思った事は無人島なのに生きるために必要なものが揃っている?
考えちゃいけないか・・・・・。

検索で来られた方へ

 お探しの検索ワードが見あたらない場合は上の検索欄をお使い下さい。
 カテゴリ別に探す場合は記事カテゴリ欄からお探し下さい。
 本文に関係のない書き込み等は非表示にします。
 詳細

管理人欄

過去ログ

HPの主な更新情報

薄い掲示板

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ