M-Journal

「中央西線沿線の住民」M.Gの独断と偏見に基づく「鉄道旅行情報」です。

 
只今の時刻は です
あまり大きな声ではいえないので小さな字で書いておきますけど…ここに表示される時間は「日本標準時」を受信しているわけでも何でもなくて貴方のパソコンにおける時刻です。従ってBiOS電池が消耗したりなどしていると当然狂ってきます(爆)

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リニア・鉄道館

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

Mozilla Firefox(私が通常使用しているブラウザです)

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:M.G
昼間のレスの「修正バージョン」です。

憶測で物言うのもなんですけど…
今のところは北恵那も路線整理はしないといっているようですが、藤沢線と外洞・上野線と夕森線はともかくとして恵北線は坂下線と統合して全バスが中津川駅発・坂下駅経由になる可能性が大有りですね。

またその場合、現行の恵北線は田瀬(=中津高校恵那北分校舎下)止まり、田瀬〜加子母を付知峡線と統合して中津川駅発257号線経由で運転・田瀬で257号線を北上してきた中津川発加子母行きに整理券を持ったまま乗り換え(=運賃表示機に中津川から直進での田瀬までのみならず坂下経由で田瀬までの運賃も表示できるようにした上、中津川駅〜高校下から田瀬〜加子母総合事務所までは最短経路運賃である福岡総合事務所前経由の運賃を適用・田瀬から加子母総合事務所前行きなり中津川駅前行きなりに乗り継ぐ場合に限って整理券を持ったまま乗り継ぎというルールになると思う。)となる可能性が高いです。

夢穂さんご指摘の霧ヶ原線は…集会場からクアリゾートまで距離があれば残るかも解りませんが…廃止された北恵那の蛭川線のようにクアリゾートから乗り合いタクシー(バスがタクシーになるだけで運賃は引き継がれる)になる可能性もあります。
投稿者:夢穂
霧ヶ原線、もう使われていないし
かわりにコミュニティバスみたいなのが
落合とかを基点に運行をされてますよね
馬籠と峠も

ま、観光地なので会社が変わっても
馬籠線は存続されるのですが、路線に
よってはきついかも

飛騨小坂から濁河温泉の路線も廃止を
されたみたいだし、不採算路線はどんどん
消えて、車のないお年よりは生活の足が
無くなりお気の毒です
投稿者:M.G
親会社(名鉄)のほうでも「同じ名鉄グループ同士での営業エリア重複状態を何とかしたかった」というのが狙いなんですけど…それなら「何で今まで放置しとったねん」と言いたくなるようなならんような…。(^_^;)

因みにJR東海バスの中津川市内の一般路線(中京学院大学方面行きと市民病院方面行き)を引き受けたのも北恵那でしたからね。
しかもこのときは車輌(日野製の上、座席の色が青なのですぐに元JR東海バスとわかる)も3台ほど譲渡してもらったというおまけ付ですが…今回はどうなることやら…(濃飛の中津川営業所には「中ドアがある車」がバリアフリー対策のノンステップの車しかない。あとはみんな前ドアのみの車)

おまけに濃飛と北恵那は同じワンマンカーでも乗り方が違う(濃飛は前乗り前降り・北恵那は後乗り前降り)んで慣れないうちは戸惑う人が続出すると思いますが…運賃の支払方法はどちらも「乗車時に整理券を取って降車時に運賃表示機の整理券番号と照らし合わせる」というやり方なのですぐ慣れるだろうと思いますよ。
※因みに濃飛バスが一般路線バスとしては珍しく「前乗り前降り」を採用しているのは「飛騨地区における雪対策」(バス停の確実に除雪されている部分で乗降してもらう)のためなんだそうですよん。
投稿者:小四郎
まだ廃線でないから救われますな。
地方の公共交通機関が廃線となると不便じゃから。

我が田舎屋へのバス路線は名鉄傘下に合併し
多少は便利になるかと期待したんですがねぇ。
変わり映えせんです。
いつも身内に送迎の厄介を掛けることになります。

引退後の生活を伊豆のリゾートでと夢見て別荘地に
移住した御年寄り達も、とんでもない不便な事に
なっとるようですな。

今暫く、最低限チャリンコが使える地に住んでいたいな〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ