武川DNタコメーター  モンキー

ついに買いました電気式 武川DNタコメーター。

やはりチューニングエンジンにはタコメーターが必要ですね・・・

タコがないと実際どれ位まで回転が上がっているのか見当もつきません。

去年の暮れにRステージヘッドに交換し慣らし運転が終わり全開走行ででこまで回るか試して見たかったところです。

本日、動作確認を含め走行してみましたが、4速10000回転までは確認いたしましたが、テストコースの都合上それ以上出すことができませんでした 残念v(>w<)v

クリックすると元のサイズで表示します

さてこのDNタコメーターですが、ホワイトLEDでなかなか綺麗です。しかもスティックセンサー付きで、別売りのアダプターを購入すれば油温表示も可能です。

取付け及び配線はわりと簡単です。説明書をよく読めば誰でも取付け出来るかと思います。

12Vモンキー系の場合配線加工なしでポンづけできました。

取付け時間、約15分〜20分程

注意点として、動作用電源はキーONの時DC12Vのかかる配線に接続すること。

常時DC12Vの電源に接続すると、モンキーのような小さなバッテリーの車両ではバッテリーあがりの原因となります。

参考までに・・・私のモンキーの場合、キーONの時DC12V配線の色はキーボックスから伸びている配線の(黒)です。

(赤)は常時DC12Vが流れている配線ですので、設定変更の時意外は使わないこと!

接続方法が不安な方はテスターで確認することをお勧めします。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ