○天理教よふぼくの集い●

僕は、小さい頃から足が不自由で様々な神様や仏様におすがりしてきましたが、四年くらい前(2006年11月時点より)にもうない命(人生に絶望して、いつ死のうかという毎日でした)を天理教の神様に救けていただきました。その御礼をこめて、毎日のひのきしんとしてこのブログを書かせていただいています。自分自身の体験談や、お道の御教え(三原典)をもとにした日々の心づかいなどを練り合いさせていただきましょう!!(^o^)

 

カウンター1

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

翻訳

amazon

QRコード

RSS取り込み1

拍手ランキング

1位 『さんげ』〔1〕
1拍手
9/7〜9/14までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かんぞ〜
一言の無駄なく、全て同感です。(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/kanzo910/MYBLOG/yblog.html
投稿者:ひろ
かんぞ〜さん、すみません!結局勘違いしていたのは僕のようです!!m(__)m

かんぞ〜さんのおっしゃる通りだと思いますよ!

そんなに簡単に因縁の自覚はできません。僕もまだまだ第一歩踏み出させていただいたところです。
わかっているように思えても、わかっていないというのが因縁なのですね!!

その因縁の自覚の理を説いて下さった理の親さんでさえ、50年間神一条を通らせていただいても、まだ、なかなか、真に心の底から『たんのう』は出来ないものだ!とおっしゃられています。

『たんのう』とは、お道において一番大切なことなのですが、また一番難しいことでもあるのだというふうに思案させていただいているわけなのです!!
投稿者:かんぞ〜
ひろさんは、理の親さんの一言で『因縁の自覚』とか『たんのう』の御教理を理解なされた方なのかもしれませんね。

でも、僕はそんな方ばかりではないと思うんです。繰り返し繰り返しお取り次ぎさせていただく中に、悟らせていただく場合も多くあると思います。

今の僕にできることはあくまでもお取り次ぎであって、その先の努力はやはりご本人がなさるしかない、その方にしかできないことだと思いますし、現実に、ひろさんは努力なされたんだと思うんです。

文章が下手で、誤解を与えているのはむしろ僕のほうだと思います。申し訳ありません。

http://blogs.yahoo.co.jp/kanzo910/MYBLOG/yblog.html
投稿者:ひろ
かんぞ〜さん、すみません!!m(__)m

そうではないんです。
人の力を頼らずに自分自身で…ということが、僕は、不可能だと実感させていただいます!

つまり『白いカラス』の理を教わらないと『因縁の自覚』が出来ないし、『因縁の自覚』が出来ないと、真の『たんのう』はできないと実感させていただいているわけなのです。
投稿者:かんぞ〜
ひろさん、申し訳ありませんでした。「いろはの、い」という言葉が、何か軽いもののように受け取られたのですね。失礼しました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kanzo910/MYBLOG/yblog.html
投稿者:ひろ
かんぞ〜さん、コメントありがとうございます!!
m(__)m

僕の文章で、何か少し勘違いされているように思いますが、『たんのう』は、たしかに、「いろはのいなんですが、いろはのす(ん)でもあり、もっとも大切で、もっとも難しいこと」であると認識させていただいています。

それと、いくら人にお諭しをいただいても、自分自身が、ほんとうに心からしっかり因縁の自覚をさせていただかなければ、真の『たんのう』はできないと思います!!

だけど、『因縁の自覚』をさせていただくためには、理の親さんに『因縁の理』を説いていただかなければ、そのいろはのいさえ、わからないということになると僕は思います。
投稿者:かんぞ〜
前真柱様はたんのうについて「教祖の教えを守る者にとっては忘れてはならない、いろはの、いの字である」と仰っています。

これがお道の修行、自分を治める修行なんですね。

真実の心になろうと努力することは、人の力を借りなければできないことではなく、むしろ自分自身しかできないことだとお聞かせいただきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/kanzo910/MYBLOG/yblog.html
投稿者:ひろ
かんぞ〜さん、いつもコメントありがとうございます!!m(__)m

お返事遅くなりすみませんでした。m(__)m
今日は、家の講社祭でした。ただ今、無事にありがたくお勤めさせていただくことができました。

『たんのう』は、いんねんの『さんげ』と受け取ると親神様おやさまがおっしゃられているように、本当に、お道でもっとも大切なことですね。

だけど、その『たんのう』が一番難しいんですよね!

まず、『因縁の自覚』がちゃんと出来ていなければ、真に『たんのう』させていただくことは不可能なことだと僕は思います!!

天理教をいろいろ勉強させていただいていますが、現在は『因縁の自覚』を説ける先生方が、ほんとに少なくなってきているように思います。もっと修養科などでも、特に各教会においては『因縁の自覚』を説き、もっともっと勉強していくようにしなければ、本当の『たんのう』は出来ないと僕は思案させていただいています!!
投稿者:かんぞ〜
たんのうは最高の「切り札」ですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/kanzo910/MYBLOG/yblog.html

掲示板

メッセージBOX

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ