○天理教よふぼくの集い●

僕は、小さい頃から足が不自由で様々な神様や仏様におすがりしてきましたが、四年くらい前(2006年11月時点より)にもうない命(人生に絶望して、いつ死のうかという毎日でした)を天理教の神様に救けていただきました。その御礼をこめて、毎日のひのきしんとしてこのブログを書かせていただいています。自分自身の体験談や、お道の御教え(三原典)をもとにした日々の心づかいなどを練り合いさせていただきましょう!!(^o^)

 

カウンター1

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

翻訳

amazon

QRコード

RSS取り込み1

拍手ランキング

1位 『八つのほこりの説き分け』
1拍手
5/22〜5/29までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひろ
sansyuukariyaさん、詳しい説明ありがとうございます!m(__)m

確かに、“おさづけ”は、神通力と言ってもいいと思いますが、よふぼくすべてが神通力を使えるとは思いません。“神に通ずる誠の力”をもった人達が、神通力とも呼べる不思議な力を発揮できるのだと思います。そのためにおやさまのひながたをまねをされて身を捨て切られて、お道を通り切られた先生方が、多くの苦しみ病める人達を助けられて教会を拵えられたのだと思います。
それゆえに、本来は“おさづけの理”をいただかれた“よふぼく”すべてが不思議な神通力を発揮できるように「誠の心になり、身を捨て切って」必死になっておたすけに励まなければならないのだと思います。

僕は、なんとかして、世界中に埋もれてしまっている“よふぼく”達に対して、あるいはこれから“おさづけの理”をいただかれる“よふぼく”達に対して少しでも真の天理教を知っていただき“真のよふぼく”になっていただきたいがゆえに、そして、神様のご恩報じのために毎日ブログを書かせていただいている訳なのです。

ひろ
投稿者:sansyuukariya
特別の事を言ったのでは無いです。
各教会を作った人は不思議な力を持って他人を助け、結果として教会が出来た。

改めてこの記事を読んで、これは神通力だと思ったわけです。
おさづけも神通力なのだと。
初代は教会入り込み者に対し「みんなに教会を持たせてやりたいと何時も言われていた。
今50箇所くらいの布教所がある。
所長一家はみな信者のお供えだけで生活できている。
たいしたもんだと思っている。
他人を助ける力なくしては出来ない芸当です。
投稿者:ひろ
sansyuukariyaさん、最初のコメントからすると、なんか不思議なコメントですね〜???

もしかしたら、sansyuukariyaさんは愛町の方なんでしょうか?
二つ目のコメントの意味するところを詳しく教えていただけないでしょうか?

どうか、よろしくお願い致します!m(__)m

ひろ
投稿者:sansyuukariya
愛町初代は誰でもこの力(不思議な神通力?)を持っているのだとよく言われていたよ。
投稿者:ひろ
sansyukariyaさん、コメントありがとうございます!m(__)m

さあ、それは僕にはわかりません!
だけど、お道の人は皆、そのおやさまのひながたの万分の一でも、あるいは十万分、百万分の一でも、そのお心をまねをさせていただいて、自分を捨て切っておたすけに励ませていただくことが大事なことだと思います。
また、何か(神通力など)を手に入れたいと思ってやっちゃうと、欲の心になっちゃうので、ぜんぜん神様のお役には立てないし、つまらんところに落ちちゃうことになるのだと僕は思います。

ひろ
投稿者:sansyuukariya
一般人にはとても真似の出来ないことですが、これを実行すれば不思議な神通力が授かるという事でしょうかね。

掲示板

メッセージBOX

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ