土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
礼9624さん、投稿ありがとうございます。
椎の実について、礼9624さんが書かれていることは、正におんちゃんの子供時代そのもので、同じような体験をされた方がいると思うと本当にうれしくなります。
確かに、枝ごととって、皮をはいで椎の実を取り出したこともあります。
そして白っぽくてまだ熟していないのを捨てていました。
このような思い出を共有出来るのはうれしいことですが、今の子供たちはこのような体験をすることはとても無理な話で、時代の移り変わりを感じてしまいます。
投稿者:■礼9624
■椎の実は懐かしいですね。
僕は58歳ですが、椎の実世代です。
子どもの頃、神社のあった近所の山は椎の木がいっぱいあり、
季節には、いつも取りに行っていました。
大きいのとか、小粒とか、木によっては早成りなどの違いもありました。
その山の椎の木地図を持っていました。
木から、他の木に移動する時、ポケットに入れた
生の実をかじりながら歩きました。
火で煎って食べるのが本来ですが、不透明の生の実でも美味しかった。
また20mくらいもある高い樹にも登ったりしました。
のこぎりを携えて、上空の枝を切り落とすなど、
いま思えば、乱暴なこともやってました。
神社の石段に落ちた実を孫と一緒に拾う老婆の
姿が微笑ましい昨今です。
なお、こちらでも、当時、街に行くと、小枡に入れて販売してました。
投稿者:onchan
KTさんも、椎を拾った体験があると言うことを聞くとうれしくなります。
確かに、公園とか神社などに椎がありますね。
椎の実の写真を見ても、虫に食われて穴が開いた実が多いです。
昔、高知市の柳町界隈を夜歩いていたら、椎の実を売っていましたが、最近はまったく見えません。
これも時代の流れでしょうか?
投稿者:KT
こんばんは。

私にも「椎の実」の思い出があります。
子供の頃 狩猟に行く父について行き 拾ったことでした。
大人になっても 近くの公園に拾いに行ったり・・・ 
今でも 拾いに行きたいと 知人に話したりするんですよ。 だけど あれって 拾ったうち 半分近く 虫食いだったりしますよね。 
田舎に居るころ 毎年 四万十市の一条さんのお祭りに行き 一条神社の近くの出店で
「奄美のおお椎」って売られているのを 良く買ったものでした。
たぶん 今でも 一条さんの時には 同じ場所で売られていると思います。 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ