土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在76歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
エビネランにはウイルスにもかかるんですか?
自生しているこの庭には、消毒なども全くしたこともなく、放っておいても毎年沢山のエビネが出てきます。良い環境と言うことですね。また、ラン菌によって繁殖するなんて全く知りませんでした。色々教えていただきありがとうございました。
投稿者:大空
野生のエビネとは、違うように思います。
野生種は茶色が強く、花房もそれほど大きくはない気がします。写真のエビネは少し黄色が入って見えます。銘の有る品種と思いますが、それ以上は判らないんです。
エビネはヴァイラス(ウイルス)に掛かりやすく、交配種は今は人気が無いのが現状。鉢にあげるとほとんどがウイルスに掛かってしまいます。自然は強く偉大ですよね。そなままで鑑賞する方が絶対に素晴らしいです。
鉢物も畑にて栽培して元気にしているようです。よい蘭菌が繁殖しているからこそ毎年出てくれるとおもいます。良い環境の証。本当に羨ましい限りと思います。
投稿者:onchan
ランには精通されている大空さん、写真に出しているのは野生のエビネですか?私はエビネランなどには全くの素人で、色々教えてください。
投稿者:大空
素敵ですね。
大事な人生の時間を、共に過ごしたお仲間方々との再会の時。言葉には出さずとも分かり合える仲間。
いい顔しておられますね、私もそんな時間は(ちゃん)付けで名前を呼び合える至福の時間です。
野生のエビネでしょうか?
今は滅多にみなくなりました、私の山にもカタクリが咲きます。踏まないようにしていますが何でここに?
春と言う心弾む季節に、懐かしい再会。
すばらしいですね。
北海道の行者ニンニクの苗を買いました、連休に植えます。何か元気になりそうな名前でしょう〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ