土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
みかんさん、おんちゃんの記憶は間違いなかったということですね。
広い河原で、テーブルがあり、多くの人々が集まっていた風景を覚えています。
投稿者:みかん
30年以上前に広見町の河原の芋煮に何回か行って、ツガニを初めて食べて、飲みました。

http://nankan20.i-yoblog.com/
投稿者:onchan
みかんさん、納得です!
昔、広見町の河原で大々的に芋煮をやっているのに遭遇したことがあり、ツガニも使っているように聞いた覚えがあります。
みかんさんの近くには大きな川はないということですね。
投稿者:みかん
四万十川の上流の日吉・松野・広見などではツガニ料理がありますが、海岸では海の蟹を食べます。
海から急傾斜の山で川が無く溝みたいなものですから、ツガニもあまりいません。

http://nankan20.i-yoblog.com/
投稿者:onchan
あれっ!みかんさんの地方の川ではツガニがとれないのですか?
確か、芋煮なんかにも使うように聞いていますが・・・。
投稿者:みかん
ツガニがこんな料理になるとは、全然知りませんでした。

いや〜おんちゃんのブログは、ためになります。(^^)

http://nankan20.i-yoblog.com/
投稿者:onchan
紀ちゃんのいわれるように、何故かリュウキュウとなすは欠かせないコンビです。
以前、どっかの祭りで、「ツガニそうめん」と称して、売られていたのを買ってみて、驚いたことがあります。
ほとんど、ツガニの身が入っていなく、薄められており、これではうまいはずがない。
こんな、偽の「ツガニそうめん」を食べたら、ツガニそうめんはおいしくないと言うことが定着すると思い腹立たしい思いをしたことがあります。
やはり、身はドカッと入れるべきですね。
投稿者:紀子
つがに汁って本当に美味しいですよね〜。
りゅうきゅうとなす、そうめん、絶対にこのコンビ!!
しかし、つがにまで飼っていらっしゃったなんて、おんちゃんってすごい!

http://happy.ap.teacup.com/petit-flore_nori/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ