土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年末に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在75歳で後期高齢者に突入)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
ケビンママさん、初めまして!

「北の国から」に水を引くシーンがあったようですね。

贅沢と言うより、これしかないという感じです。

地下水は、周辺に全く公害を発生する物はないので安心して、飲料水として使えるのはありがたいことです。

これからもよろしくお願いします!
投稿者:onchan
仲人のAnneさん、こんにちは!(笑)

「おんちゃんを訪ねるツアー」なるものが実現したら、本物のカツオのタタキなどこじゃんと準備して待っておるきにねえ!
投稿者:ケビンママ
お邪魔します。
くりまんじゅうさまのところから来ました。

読んでいて、「北の国から」を思い出しました。
田中邦衛さんが自分で建てた住宅へ、このようにして水を引いていたように思いました。
贅沢な生活ですねぇ。羨ましいです。

こちらでは水不足で、夏になると庭の植物にも毎日のように水が必要になりますから、雨水を利用するようにしたいと考えますが、なかなか大変です。
自然の水が飲める環境は羨ましい限りです。

http://kebinmay.exblog.jp
投稿者:Anne
おんちゃんこんにちは!
まぁ、わたしお仲人さんね。
話が弾んでいます事。
水は天からの贈り物。
昔の人はこのようにして、大事に大事に水を連れてきたんですね。
これはやっぱり一度、「おんちゃんを訪ねるツアー」を企画してもらわなくては・・・
そして山海の珍味で大酒盛りをば。
手作りケーキひっさげて、高速ぶっ飛ばします。


http://3597anne4228.at.webry.info/
投稿者:onchan
くりまんじゅうさんの実家はほとんどおんちゃんところと同じですね。

山の水はひんやりしてとても冷たくて、スイカなども冷やせます。

また、水源の沢周辺にわさびが生えているところも、おんちゃんの田舎と全く同じです。

おんちゃんの池でも鯉やアメゴも飼っていましたが、今ではいませんので、この点は違います。

何から何まで、くりまんじゅうさんの実家とうり二つで、他人とは思えませんね。
投稿者:くりまんじゅう
おんちゃん おはようございます。
今日の記事 なつかしく拝見いたしました。
私は今高知市に住んでいますが 実家は山の中の集落です。
実家では同じく山からの湧水を引いて生活しておりました。
今では水道がありますが山からの水で生活している民家が多いです。
山の水はひんやり冷たく口に含むとかすかに甘く感じられます。
このようにパイプで家に引き入れておりました。
雨の後はパイプや水源にシバが詰まりたびたび
父が見に行っておりました。
水源の周りにはワサビが生え 葉っぱで作る
春先のワサビ漬けは楽しみでもありました。
実家は母が1人残っておりましたが施設へ入り
今では空き家になっております。
小さな池にコイが数匹おり これは父の形見となっております。
池への水が詰まらんように コイにもエサをと
空き家にもたびたび見に行っております。

http://blog.goo.ne.jp/gongonmasako
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ