土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
森岡さん、なるほどです!
空き屋を貸すか売るかではなくて、短・長期滞在型の貸屋という柔軟な考えが必要ですね。

参考になりました。
投稿者:森岡
Uターンした時から空家の有効利用したらと思っていましたが、やっと本格的な取り組みとなってきましたね。高知は仕事が少なく、若い人の空き家活用は難しそう。おんちゃんのような田舎暮らしを憧れている、都会のリタイヤ組は多いと思う。そんな連中や、家族で別荘みたいに使える短・長期滞在型の貸家タイプ等が良いのではないだろうか。
投稿者:onchan
くりまんじゅうさん、おんちゃんが小、中学校の時は、2学級80名以上の同級生がいましたが、今では、全学年合わせてもその数に達しないという過疎になってしまっています。

こんな状態は、ほとんどの日本の田舎に見られる現象です。

せめて、空き屋を少しでも活用してくれれば・・・と、ささやかな働きかけです。
投稿者:くりまんじゅう
おんちゃん こんばんわ。
だいぶん涼しくなりましたね 山里は秋の訪れが早く感じられますね。
尾崎知事と広末涼子さんのCM『高知家』の色んな試みはとてもいいと思います。
おんちゃんがされているような『空き家バンク』制度は
私の実家付近でもやっております。
団塊の世代の我々子ども時代は 山の中の村も
子どもがたくさんおり山の小学校もそれなりに
賑わっておりましたが 今では若い人がいないため
老人ばかりの村となり小学校の存続も危うくなっております。
空き家へ人が住み 再び子どもの声が聞こえ村や学校が賑わうことを
私たちも願っております。
おんちゃんの写された写真は私の実家の村とよく似ており
棚田なんかもそっくりです。

http://blog.goo.ne.jp/gongonmasako
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ