土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Geko
おんちゃん、レスありがとうございました。
「匂い米」と打ってしまいましたが、「香り米」ですね(^_^)v

Wikipediaを見てみると、日本の香り米は8種類。うち2種類が高知発。
9月23日の高知新聞「経済の視点」で「美味な新品種続々」と題して
米の品質向上の取組が紹介されていましたが、新たな香り米も
研究されているのでしょうかね。

古漬けの沢庵をおかずに、香り米をブレンドした冷や飯に番茶の茶漬け。
質素な取り合わせながら、ノスタルジックな美味しいごはんです。

近頃のお気に入りは、麦・粟・稗etcと色々入れた雑穀ごはんです。
黒米のモチモチした食感が好きなのでブレンドから外せません。
餅米をブレンドして炊くこともあります。
でも、黒米や餅米でモチモチ感をアップさせても、ベースとなる
お米が美味しくないと食味に格段の差がでてきます。

天日干しは、手間がかかって大変だろうと推察するのですが、
稲の品種改良じゃない、美味しいごはんを作る知恵として、
続いてほしいなぁと思います。
投稿者:onchan
Gekoさん、初めまして!
コメントありがとう!

今でも、稲を天日干しにしている農家があります。
乾燥機だと、どうしても短時間に湿気を飛ばすために、天日干しにはかなわないようです。
手間が掛かっても、このようなスローライフが田舎の良さではないでしょうか?

もちろんこのおばちゃんは香り米も作っており、ブレンドした米を日曜市で売っているとのこと。

結構、人気があり、お客さんがたくさんついているようです。

おんちゃんも、このおばちゃんに「絶対これからも天日干しを続けよ」と言っているところです。

何でもスピーディな時代の中で、昔ながらの天日干しは続けてもらいたいと念じています。
投稿者:Geko
おんちゃん、はじめまして。ブシュカンを買ったものの、当面、必要なのは1個。買ったのは6個(100円)。なんとか無駄にしない方法はないかと、検索していて行き当たりました。そして、天日干しの稲に辿り着きました。新米の季節ですが、「これぞ新米っ!」という感動は「田舎」の高知にいても、親戚がこだわって田圃をやってるとか、同様な農家との繋がりがないかぎり、ナカナカないのが昨今(機械で乾燥させるので乾燥しすぎるのではないかと思います)。水加減に注意して炊いた新米は、かぐわしい香りとともに米粒一つひとつが美味しい。「日本人だなぁ」とシミジミできる機会がないなぁと残念に思っていました。けれど、収穫された稲の天日干しの風景を見て、これって、「新米」の味がするだろうなぁ、美味しそうだなぁ、とうらやましく眺めました。
匂い米も作ってるのでしょうか。匂い米をブレンドしたご飯が大好きです。
ブシュカンの活用法は、残念ながらピッタリのものがなかったので、柚子にならって蜂蜜漬けにしてみました。ハニードリンクで試そうとしています。
投稿者:onchan
まめさん、初めまして!
おんちゃんは書くことを忘れたけれど、もちろん、ワラをもらって、カツオのタタキにせっせと使っています。
うまいタタキ作りにはワラは欠かせません。

また、縄を編んだり、まつりごとのしめ縄など、結構、使用範囲は広いです。
投稿者:まめ
おんちゃん、こんにちは。家庭菜園をやっている身としては、このいなわらの行く先が気になる。コンバインで細切れにされていない長いワラは今や貴重なんだろうなあ。鰹のわらやきタタキ用に居酒屋にいくのかなあ…。
投稿者:onchan
okazu349さんのように、この風景はじっと見ていると子供の頃やいろんなことが頭に浮かび、我を忘れて、長い間たたずんでいます。

天日による自然乾燥は一番だと思います。
投稿者:okazu349
「はせがけ」子供の頃が懐かしいです。
実家の茨城は何故か県道沿い(家の前)や庭ににずらりとはせがけをしてました。何故か田畑にしなかったのか分りません。(今は勿論してません)

とっても風情があって良いですね。
我家の今年のお米はちょっと乾燥し過ぎの様な・・・作って頂いてるだけで感謝です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ