土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
ゆーくんさん、おんちゃんの地区でも、田畑を耕したいという「百姓の本能」はあっても、高齢化や死亡などにより、年々耕作放棄地が増えています。その光景を見る事は寂しい限りです。

おんちゃんも身体が続く限り、先のことはあまり考えずスローライフをたのしみたいと考えています。
投稿者:ゆーくん
私たちの集落も高齢化しており、耕作放棄地も多く同じ状況になっています。

旦那は今年三月に定年退職し、農業を継続していくつもりですが、旦那が出来なくなれば・・・時間の問題です。

 農業をしていても、全く儲からず稲作はすでに赤字です。毎年赤字は旦那が支払っている税金を確定申告で取り戻しているといった感じです。だから来年は稲作を止めようかと話しています。戦後の農業政策AH失敗ですよね。働いても収入がないと意欲も湧きません。現実は厳しいです。
 
 ただ町の人と比べると、自給自足が出来るだけでも幸せかもしれません。季節に応じた大地の恵みを頂け、スローライフを楽しむって素敵なことだと感じています。

 おんちゃんさんも決して無理をされずにお過ごしくださいね。
 

htt
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ