土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
ゆーくんさんところの法事はなんと豪華!

それでは大変ですね。

それに、総勢30名も集まるとは賑やかこの上もないことですね。

それぞれ地方によって、色々な形式がある事に驚きです。
投稿者:ゆーくん
 おんちゃんさん、お疲れ様です。

私も仏壇の配置が分からなくなり、ご坊様に確認してもらっています。

こちらは田舎なので、法事などはとても見栄張りで高額な出費になります。お経の後料亭で食事をします。帰りには一万円くらいのお土産も付けます。出席して下さる方も、手ぶらでは来れず三万円くらい包んで持っていらっしゃいます。

 大姑と舅が立て続けに亡くなったので、法事に出席される親戚も大変かと思い、一周忌をさかいに旦那の姉妹夫婦だけで営むようにしました。お金も頂かず、お土産も付けず、料亭のランクも落としました。

 それでも毎年お盆には総勢30人以上が集まり、大宴会のあとにお墓参りに行く慣習だけは免れそうもありません。お盆が近くなると気が重くなります。もう止めたい!
投稿者:onchan
愛媛あっちゃんさん、かなり気を遣ってがんばっていますね!

やはりできる限り、祖先の供養をする体制は維持したいものです。
我が家も長男 先祖祭しています。幸いにして町ながらお墓は自宅前!あととりの嫁の意地?として、しきびは、一日足りと枯らしません。結構忙しい。隣に転勤族の我が長男の自宅ありますが、嫁さんが受け継いでくれると思います。そうして代々つずくのですが、つずいてどしたのと思う人も有ります。人は人!
投稿者:onchan
副平さんの言われることは、まさに正論だと思います。

一方、迷惑はかけられないとの思いもありましたが、一度、甥や姪に集まってもらい、彼らの気持ちも聞いてみたいと思います。
投稿者:福平
それはどうでしょうか。
甥や姪に法事の心を理解してもらうのも、甥や姪にとって豊かな人生をプレゼントされるようなものだと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ