土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年末に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在74歳)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

カレンダー

2018年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

祝日カウントダウン

Sakura Calendar

過去ログ

QRコード

ブログサービス

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
「南国土佐山田を後にして」さん、コメントありがとう!

闘犬センターの件ですが、特殊な対応が必要な事業ですので、受け入れられるところがなく、高知市なども介入することもなく、残念ながら消滅のようです。

龍馬が歴史教科書から消える!といいう問題については、さほど心配いらないとおもます。

なぜなら、日本人の中(外国人も含めて)には、龍馬の存在がもうすでに、ぐっすりと浸透しているからです。

そのうち、是非、桂浜にお越し下さい!
土佐のおんちゃんさん、こんにちわ。南国土佐山田を後にして‥です。
桂浜の闘犬センターがモダンなお土産ショップになっていたのでビックリです。龍馬さんの桂浜にはもう数十年行ってはおりませんが、未だ私の脳内はあの闘犬センターのままです。で、闘犬センター自体はどこか違う場所に移転したんでしょうかね、あるいは消滅したとか‥ちょっと気にはなってますが‥。
そういえば二、三日前に龍馬さんが歴史教科書から消える‥と大騒ぎしていましたね。その顛末はどうなったのか、こちらも気になってますが‥。
気になるといえば、先の台風被害‥おんちゃんさんところは大変でしたね。後片付け、大変だと思いますが、ご無理をせずに‥。
ま、そんなわけで、龍馬さんの桂浜には機会があれば訪ねてみたいと思います。

ではでは、また‥。

南国土佐山田を後にして、でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ