土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在76歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
でがらしさん、どうも昔のミカンは酸っぱくて、それに慣れていて、「ミカンとはこんなものだ!」と思って食べていたと思います。

今では品種改良されて、すごく甘い品種が出回り、酸っぱいミカンは食べなれていないような気がします。
投稿者:でがらし
昔、伊豆のみかん農園へ出かけて食べたのがひどく酸っぱいみかんでした。ふつうの大きさでしたが。これでよく買い手がいるもんだと思いましたが、昔は相当に酸っぱいみかんが流通していたんでしょうね。私はミカンは大好きですが、中でも、晩生の青島と寿太郎が好みです。どっちも、もう今年の季節が終わりますね。残念です。
投稿者:onchan
でがらしさん、おんちゃんも「うすかわ」の全体像が次第にわかってきて、かなり酸っぱいという記述が多いようです。

近年では、品種改良された「甘さ」を求めるミカンが珍重される傾向にあり、酸っぱさを敬遠されているのでは?と感じて、「うすかわ」が消滅してきているのではと思っています。

そういうわけで、昔は酸っぱいのが当たりまえで、それでも、旨く感じたのでという妄想に駆られています。

まだまだ、謎がいっぱいです。
投稿者:でがらし
 だんだん、「うすかわ」の起源がわかってきましたね。あちこちに、酸っぱいみかんだという記述があります。昔、お食べになったのは、別の種類だったのか、変異で甘くなったものだったのかもしれませんね。高知県で、甘い「うすかわ」が広く流通していたとすると、その末裔が今もどこかにありそうなものではありますが。
 この手の謎解きはおもしろいです。いろいろないいものが、この世から消え去りますから、おいしいミカンだったら、どこかに残っていてほしいものです。
投稿者:onchan
でがらしさんに追伸

でがらしさんの言われるように、柑子(こうじ)のことを「うすかわ」ともいうと言う記述を確認しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%B8_(%E6%9F%91%E6%A9%98%E9%A1%9E)
投稿者:onchan
でがらしさんの言われるように、高知では通称「うすかわ」と呼ばれているのは、たぶん、「柑子(こうじ)みかん」のことでしょうねえ。

再び、詳しい情報を知らせていただき、ありがとう!

それにしても、でがらしさんの調査力には頭が下がります。

また、何かの情報がありましたら、アドバイスをお願いします。
投稿者:でがらし
 追加の情報です。「うすかわ」は高知県での呼びならわしで、一般には柑子みかん(こうじみかん)と呼ぶのかもしれません。

 まず、うすかわらしきミカンの実物の報告です。

https://blogs.yahoo.co.jp/uminofarm/36763970.html

 愛媛県のサイトの説明です。

https://www.pref.ehime.jp/h35118/1707/siteas/11_chishiki/documents/kankiturekisi.pdf

 上のサイトに今治市の小みかんの写真があります。下記に関連するサイトがあります。

https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_132449/
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.544325052316722.1073741830.528710957211465&type=3
http://fukuda244.blogspot.jp/2012/12/blog-post_2.html

 農林水産・食品産業技術振興協会のサイトです。

https://www.jataff.jp/mikan/mikan07.htm
投稿者:でがらし
 これはすばらしい展開になりましたね。田主丸の苗木農家をざっと見ました。確かにうすかわそのものは載っていませんが、問い合わせフォームを持っているところがあります。下記のようなところへお問い合わせになったら、いかがでしょうか? 最初の吉岡国光園は、問い合わせフォームがありませんが、たくさんの品種を持っているようです。

http://ww7.tiki.ne.jp/~fukada/

http://kamiharu-engei.jp/

http://migitaorchard.com/fruit/

http://maruchiku.com/index.html

 以下は、福岡県の試験場ですが、ここへ問い合わせたら、やはり、詳しい人がいるかもしれません。

http://farc.pref.fukuoka.jp/

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ