土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在76歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
mitanimomoさんもとんちゃんへ通ったことがあるんですね。

とんちゃんの昭和時代の雰囲気は最高でした。
投稿者:mitanimomo
おんちゃん懐かしや〜。
閉店から10年経ったがや、月日の流れるのは早い。
うんうん手動の料理のエレベーターも懐かしい。
どろがゆ何度か頂いた、こんなレシピやったがや。

昭和の風情の店が次々暖簾降ろしてます、寂しい限り......
投稿者:onchan
夷川下さん、高知でも馴染みの店、昔からあるレトロな店など、ほとんどなくなってしまい、時代の移ろいをしみじみ感じます。
投稿者:夷川下
行きつけの店、馴染みの店がなくなるのは本当に寂しいですね。
私も名古屋や京都で痛感しております。
どろがゆは初耳です。
そば粉を入れるのが良さそうですね。

「町のすずめ」さんが書かれているように、昔ながらの喫茶店が減っております。
昔、何回かジャズの「木馬」に行った思い出があります。
いい店でしたが、きっと、もうないのでしょうね。
投稿者:onchan
町のすずめさんが言われるように、高知市内もすっかり様変わりして、昭和を感じさせられるようなスポットがなくなりました。

おんちゃんのような年寄りにはさみしい限りですが、これも時代の流れかとあきらめています。
投稿者:町のすずめ
Onchan こんにちは

美味しそうですね!
とんちゃんは 私も若〜い頃 連れて行ってもらったことがあります
帰って 通ることがあると 健在なんだ!と 嬉しく思ったものです
高知には いろんな喫茶店もあって 昭和を彩っていましたよね
帰高したら レトロな喫茶店を探して
行くんですが もう 中々ありませんね!
さみしい限りです・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ