土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
くろあしまるさん、以前ミョウガについて調べていたこともあり大体のことは知っていました。

面白い逸話ですね。

下のサイトにも似たようなことが載っています。

https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000028788
投稿者:くろあしまる
 「茗荷」といえば、たくさん食べると物忘れをする、と言われています。このおおもとになった話は、お釈迦様の弟子の一人で物覚えの悪かった周利槃特(シュリハンドク)という人が亡くなり、彼のお墓に茗荷が生えてきたことがいわれになっています。ただし、これは全体の後半、面白話の部分。前半では、お釈迦様が周利槃特を悟りの道へと方向付けるありがたい話になっています。
 周利槃特は記憶力が悪い人で、お釈迦様の教えをよく理解できませんでした。弟子に悟りを開いてもらうのがお釈迦様の目的なので、お釈迦様は、周利槃特が言語とイメージをうまく使いこなせないなら、彼に箒と塵取りを与えて毎日掃除をするようにと教えました。そのうち、「掃除の周利槃特」と人々から呼ばれるようになりました。何十年かの後、周利槃特は自分の心のごみを全て除いて悟りを開き、阿羅漢と呼ばれる聖者の位になりました。お釈迦様は、悟りへの道は知識を覚えることではなく、わずかなことでも徹底すればよいのですよ、ということを教えたかったのだそうです。
 で、「茗荷」ですが、彼は自分の名前、ニックネーム「掃除の周利槃特」を背中に荷って努力してきたことにちなんでいるそうです。
 
 長文のコメント、失礼しました。おんちゃんのブログも「茗荷」に通じているのかもと思ったものですから。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ