土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
通りすがりの者さん、鹿が現れると、山ヒルが現れるということは初めて知りました。

鹿が田舎に定着されるのはまっぴらごめんです。
投稿者:onchan
くろあしまるさん、おんちゃんところには、昔は絶対に鹿など見られませんでした。

それが15年ぐらい前から、人家にもイノシシが出没するようになり、次第に害獣に占拠されるようになり、お手上げです。
投稿者:onchan
チュウさん、高知でもシカの食害に悩まされている場所が多いですよ。

一時、自衛隊の援助を得て、鹿の駆除を行ったと聞いています。

投稿者:通りすがりの者
シカはいけないですね。
シカに山ヒルが付いているのでしょう。シカが来ると山ヒルが現れるそうです。山ヒルは、野山を散策していると、足元から這い上がり吸血するそうで、厄介です。南房総北部までシカが来ているそうです。おんちゃんさんも注意してください。
投稿者:くろあしまる
昨年の夏、四万十町に帰省したときのことです。
四万十川の河川敷で低木の生えているところにシカの糞を見つけました。俵型をしています。私の育った昭和30年代ころには、川にはカワウソはいてもシカを見ることはありませんでした。
また、東京に戻るために最終の予土線に乗っていると、トンネルで列車がシカと遭遇し、4分遅れてしまい、危うく高速バスに乗り遅れるところでした。
四万十町(旧十和村)は猟銃保持者がとても多かったのですが、高齢化で狩猟をする人が減ったせいでシカやイノシシが増えたのかもしれません。総じて、人が山に入ることは減りました。
投稿者:チュウさん
この頃は猪の天敵は豚熱ですよねえ?
鹿の天敵は?狩人しかないのかなあ
私越知町出の方から聞いたことがあります
高知県の方には鹿が居るのをを見たことも聞いた事もないと言う事をきいたことを思い出しました。...が...
不謹慎かな?...狩人にしたら...
でもね私は云いたい事は趣味で狩猟をしてる人です。
趣味で生き物を殺すのか?と。...
私も狩人のつもりですが私が食べたいから
獣害で困てる方がおられるから駆除をするのです。
地方によれば熊...熊怖いですね
そんな獣を麻酔銃で?...
色々あつても季節は巡り廻る
明日からまた...狩人の季節です
投稿者:onchan
黒潮南房総千倉のおっちさん、南房総千倉でも、おんちゃんところと全く同じような現象が起きていることに驚きです。

すべて高知でも当てはまります。

個人での対応は限界があり、行政の手助けなしでは、どうしようもないように思います。
投稿者:黒潮南房総千倉のおっち
おんちゃんの記事を読んで、栗や梨の獣害に身につまされました。ここ千倉も、移住した20年前はイノシシは山奥にいて、キジがとことこ近くを歩くぐらいでのどかでした。この3,4年ぐらい前から獣害がひどく,今年はイノシシが親子で車道を横断する姿を私も見て仰天しました。田んぼも荒らされ、うちの里芋は一昨年はゼロになってしまいました。周囲では、車道に飛び出したイノシシで車を壊された話をいくつか聞きます。たいていイノシシはそのまま走り去ってしまうようです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ