土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在76歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
10キロ200円とは、売る立場になれば、ばからしい値段ですね。
自分で食べるだけの野菜作りでも、なかなかうまく行かないこともあり、野菜作りの難しさを痛感しています。
3年ぐらいの経験では無理かも?
投稿者:大空
白菜、ニンジン、聖護院大根、キャベツ、紫芋が千葉からの土産。
ニンジンは10キロで200円で出荷とか。
二軒の農家に挨拶がてら作付の相談の結果、お土産に頂く。
白菜の周りは枯れてますが中は十分に、みずみずしい。
畑を見ると開いている白菜がある、品種が違うのか?変わり種なのか?
onhcanの白菜は開いているほうですね。
鍋料理の材料が畑にありましたが、10キロ200円では作る気持にも・・・。
私は自分で食べるだけしか作っていないが、余る。うまく作ると余るし、手を抜くと買うようになる。
なかなか難しい。
畑以外に不明野菜がある、どっから飛んで来たのか、株のような小松菜にしては葉が硬い。間もなく食べてみれば判明するはずだ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ