土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:詠正
順調にスタートして<2勝7敗2分>になりました。 ここらは時々勝敗結果を報告するだけ、序2段を飛ばして十両格になったので入幕したらお知らせします。目処は五分五分です。
投稿者:onchan
詠正さん、第2号おめでとう!!

すっかり軌道に乗りましたね。

58cmとはかなりの大物です。

今後も豊漁を祈ります。
投稿者:詠正
紫蘇の葉はまだ十分に育っていないでしょうが、これほど大漁に梅を漬けるとなると相当の量が必要になりますね。 甘漬け  美味しそう   
投稿者:詠正
<第2号ウナギ>ゲット!
 今日のはサイズアップして58cm  大体の釣り方、仕掛け方の要領が分かってきました。 ちなみにどれだけのセットを仕掛けても、原則 一日に一匹にしたいですね。 泥抜きのための桶が沢山ないし、捌ききれない、また絶滅危惧種なので大事にしたいという気持ちもあります。 毎日釣れてもウナ丼を毎日は食べませんからね。    ま  ウナ丼なんか10日に一度か月に3回も食べれば飽きますわね。  びんづけでの小魚ゲット 動画で見ましたが面白いですね。 ハヤが沢山あつまって来るんですね。 餌は「味噌」でした。  あれがゲットする味噌か  なんちゃって   ははははは

https://6907.teacup.com/haiku007/bbs
投稿者:onchan
町のすずめさん、おんちゃんは鏡ダムが出来る前までは、いまやダムの底になっている場所で、鮎、ツガニ、ゴリ、ウナギなど多く取った思い出がありますが、いまはとても無理です。

自然はできるだけ破壊したくはありませんね。
投稿者:町のすずめ
高知では
びんづけ(つけびん、ただしガラス製のものは不可。ペットボトル等プラスチック製は可)だそうです
私たちは 蚕のがら? を使いました

ドンドンって呼んでいた堰下から がんきり橋あたりが縄張りでしたが
あのキラキラ輝く鏡川が 戻ってくれないものでしょうか!!!
投稿者:onchan
町のすずめさんも鏡川で色々な体験をされたのですね。

懐かしい光景が浮かんできます。

特に、「つけビン」は懐かしい体験で、ヌカを団子状に固めて入れておくと次々と小魚が入ってきている思い出がよみがえってきました。

いま、つけビンは売っているでしょうかねえ?

もう一度子供の頃にかえって、つけビンをやってみたいです!
投稿者:町のすずめ
こんばんは!!
去年の梅干しが残っているので 今年は辞めようかと思っていますが 御酢でつけるのもいいですね

子供の頃 母の実家に夏休みに帰ると
鏡川で泳ぐのが楽しみでした
メダカ ゴリ えび 針ウナギ 貝 鮎・・・いっぱいいました
川藻もゆらゆらして ホントに澄んだ豊かな川でした
私たち子どもは ブッタイ!!ていう金の網ですくっていました
つけビンもしましたよ

もう一回 泳ぎたいものです!!!
投稿者:onchan
詠正さん、事細かい描写から、おんちゃんも子供の頃、「ひご」と言って、ウナギを釣る道具を思い出しました。

餌はミミズや鮎の切り身でした。

ガツンとウナギがかみついて、ひごがくるくる回りながら釣り上げた思い出がよみがえりました。

詠正さんは1匹捕獲した以上、今後、次々とゲットできるのは間違いないことでしょう!!

それにしても研究熱心なのには脱帽です。
投稿者:詠正
 祝福して頂き恐縮です。
予定していた釣場にウナギ筒を5本束ねたのが引き上げられていましたが、かなり古いものだったので、昨夜来た先客の仕掛けに引っかかって挙げられたもののようでした。 そこで考えたのは「こりゃ間違いなくウナギがいる! 先客があったということはベテラン釣り師の縄張りだ」とのひらめきです。 仕掛けを6個急いで投入して1時間もしないうちに「ガツーン」ときましたね。  なにはともあれ、1本の実績があれば、あとは無限に可能性が広がったことになるので、欲を出さずに 明るいうちに家路へ急いで女房に・・・・  
 実は女房の父親は川漁師をやっていて、主にウナギと鮎をゲットして温泉旅館へ卸していたんです。 従ってウナギ釣りのノウハウを知っていて、結構細かいアドバイスを受けていたのが今日の釣果に繋がったというわけです。 
 明日また行くかどうかは決めてませんが、とりあえず3日は泥を吐かせなきゃいけないようなので、ウナ丼を食べて、それから考えることにします。 ウナちゃんは網に入れて大きなバケツに水をチョロチョロ流して置いてます。 さっき見にいったら懐中電灯の光が当たった目玉に睨まれました 「にゃろめ!」という顔つきでしたね  www

https://6907.teacup.com/haiku007/bbs
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ