土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
詠正さん、ウナギ騒動に失礼ながら、笑ってしまいました。

さばくにはまだまだ修業が必要ですね。
投稿者:詠正
ウナ丼を作ってもらおうとしたら かあちゃん 「え〜〜! これウナギなのお〜〜!」だって

  ひどい  ひどい!   うわ〜〜ん
投稿者:詠正
< >の俳句はファンの方の俳句です。
投稿者:詠正
専用の包丁の持ち合わせが無いので先が鋭いペーパーカッターを砥石で完璧に研いで使用しました。 あるのは菜切り包丁2,出刃包丁1,刺し身包丁1なんですが、刺し身包丁は妻が使わせてくれないので やむなくペーパーカッター    動画では15分ほど氷漬けにして・・・・  と書いてあったけど、それを省略したのが失敗でしょうね。  なお ファンの一人から、こういうコメント=お叱り を頂いております。

あ〜あ 投稿者:ファン  
こんな鰻になりたくない 何でこんな人に獲られて仕舞ったのか
 料理する前におまえは鰻じゃ無い 鰻でもいいけど名前は福本清三、福本清三切られてなんぼだ よく言い聞かせてやること すると鰻も観念して納得して切られてくれる そんなことは無いか

<切り取りし鰻の肝のぴくぴくと>    ぶぶぶ
投稿者:onchan
詠正さん、ウナギのさばき方に四苦八苦されている様子が手に取るようにわかります。

おんちゃんがちょっと気づいたのは、ウナギさばき用の包丁を使われているのでしょうか。

その包丁はずんぐりとした、短い包丁です。

それから、さばく前にウナギに焼酎などかけて、酔っ払うようにしむけると比較的おとなしくなり、さばけやすいのを思い出しました。

ワクチン接種の注射跡は全くと言って良いほど痛みは感じません。

どうも鈍感なようです。

2回目は28日に決まっていますので、やっと安心できるでしょうか?
投稿者:詠正
おんちゃん 注射跡 痛いでしょ!
私は5日ほど痛かったです。 2回目は6月21日になってます。  心臓が「どきどき」してます。
投稿者:詠正
 58cmの丸々と太ったウナギを昨日ゲットしたので前に釣ったのと同じ桶に入れて泥を吐かせていたが、今朝見ると昨日の(第2号)が昇天している。 どうやら飲み込んだ針が内蔵に刺さって致命傷になったようだ。そこで勉強のために割くことにし、包丁をピカピカに磨き、頭に釘を刺して開いたが僅か10分ほどで上手に開くことが出来た。多少は骨に身が付いた状態だが満足。
 ついでだから生きているほうも開くことにした。 桶に手を入れて俎板に乗せるのが「くねくねして」大変。 とりあえず教科書通りに頭へ切り込みを入れて釘を打った! ところがそれからが激しいウナギちゃんとの死闘が始まった!
 ま 動く、動く 背開きのつもりだが中々包丁の刃先が背に食い込んでいかないし、5mm進むたんびに動く、くねる、ばたつく   【頭は死んでいるが心臓が動いているからくねるんだろう】と必死になって内蔵の除去に着手したが、それさえもが上手にいかない。
 苦心惨憺して取り出したところ「ドックン ドックン」と内臓は元気に鼓動しているので、これで後の作業はスムーズにいくだろうと思った。
 しかし、そんな簡単なもんじゃないのだ。包丁を進めるたびに「のたうち」は止むことがなく、尻尾の所に行きつくまで30分以上!  職人は「ウナギを捌けるようになったら一人前!」の言葉が痛いほど突き刺さってくる。
 悪戦苦闘して開き終わってみたら骨にはごっそりと身が付いているし、あちらこちらがボロボロ  身の部分もギザギザ、ボロボロ  結局開いて見たら身の無い皮ウナギだ!
 ということで、これを焼いたらウナギの蒲焼きじゃなくて「ウナギの皮焼き」になるのは間違いない。 ウナギ職人になるまでは10年かかるというけれど、私あ あと10年も生きることは出来ないだろうから、何か特別な「ウナギの捌き方」を考案せにゃならんだろう。 ウナギの捕獲まで1週間、2匹目ゲットまで10日。 こうなりゃ「上手な捌き方」が出来るまで10日の短期間で達成してやる。 研究熱心な我輩なのだ! 絶対その方法を編み出してやるのだ!  負けてたまるか−−−−
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ