土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
詠正さん、ウナギの泥抜きなど、専門的なことも食べるには必要ですね。

色々と勉強になりました。
投稿者:詠正
<1号さん>はウナ丼にして食べちゃいましたが<2号さん>は釣り鉤が内蔵を傷めた為に黄泉へ召されてしまいました。 普通の魚ならば死んでも食べちゃいますが、ウナギの場合は<泥抜き>をしてないと生臭くて食用になりませんね。 <1号さん>は確か4日だったと思いますが、それでも臭みがありましたから、5日は必要ですね。 ウナギの卸し屋さんは1段目のザルに10匹ほど入れ、それを7〜8段重ねにしてジャージャー水を流しっぱなしにして泥を抜いてますけど、一般家庭じゃ そんなに水を流さないので時間をかけるしかないですね。
投稿者:詠正
 夕暮れから夜半までの3時間ほどがウナギが活発に行動する時間。今なら夕方の5時〜7時半ぐらい。 しかし雨や曇天だと日中でも動くし、時間も前倒しの3時半〜7時ぐらいになります。 ここ数日は「カンカン照り」なので夜行性のウナギが日中に動くことはなく、特に水が澄んでいるので無理なのです。 
 明日の夕方から低気圧で空模様が怪しくなるので、そろそろチャンス到来かも。 なお この付近は護岸がしっかりしているのでウナギが潜むような穴が無いのが残念です。
投稿者:onchan
詠正さん、ウナギ漁は天気に左右されるのですか?

そういえば、子供の頃、少し雨が降り始めたら、穴からウナギが顔を覗かしてくれたように思います。
投稿者:詠正
天気がよ過ぎるので休漁中です。
投稿者:onchan
詠正さんの<軸を取り青山椒の灰汁を抜く>は、全く俳句のわからないおんちゃんですが、その風景が手に取るように浮かびます。

さすが俳句の先生ですね!
投稿者:詠正
<軸を取り青山椒の灰汁を抜く>

おんちゃんは何んでもやっちゃうんですね。 村では「おおもて」じゃないの?  山椒の木なんて見たこともないけど、調味料としての山椒は口にしたことはあります。  シラスとは相性がいいんでしょうね。 頑張って下さい。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ