土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
詠正さんの優しい一面を垣間見ることが出来ました。

結構大切に育てるかも?
投稿者:詠正
<第3号うなぎちゃん>を養子に出しました。
 小さくて細いのでリリースを条件に一晩わが家に宿泊して貰ったのですが、バケツに入れて堤防へ出かけ、仕掛けをセットし終わったら日曜日なので沢山の子供たちが寄ってきて馬穴の中を覗き込んで「わ〜〜ウナギだ 可愛いーー」と大騒ぎ! 「あじいさんこれ食べるの?」 「いや 小さいから放してやるの」 「えー 折角釣ったのを放すのお〜」 で そのうち「そんじゃ欲しいのか?」と言わざるを得なくなって、結局 餌にする為に捕まえたザリガニと一緒に養子に出す羽目に。  「前にもウナギを飼ったことがある」との言葉を信用して上げたんだけど、どうせ「わやくちゃ」にしちゃうんだろうけど、釣場に着いたらすぐ放しておけば良かったと思っても 時すでに遅し  子供たちは喜んだけど3号さんには可愛そうなことになっちゃたね。
投稿者:onchan
詠正さんところとおんちゃんところは共通したトラブルみたいです。

おんちゃんの家から50mぐらい離れたところにある電柱は、地形的に落雷が落ちやすいと思われ、調べてみたら、2015年4月と2017年7月に被害を受けました。

二度あることは三度あるで、ほんと恐いです!

落雷で、家電が故障するならまだましで、火事になったりもするので油断は出来ません。

どうすべきか?迷っているところです。
投稿者:詠正
<二度あることは三度ある>よお〜〜  怖いよお〜〜   っていじわるしたりしてーー www

実はこのことは他人事じゃないのです。 私の家は7軒の分譲住宅の真ん中にあるため、各戸への配電の為、私の敷地内に電柱が立っているのですよ。勿論 電力会社へ敷地を貸しているこになるから借地料を毎年貰ってますが、一年で3000円ぐらいかなあ   
 そこで問題になるのが近所に電線に関係することがあるたびに必ず我が家が巻き込まれることです。向こうは何年に何回もあることじゃないから目くじらを立てなくてもと思ってるんだろうけど、6軒が「やれオンラインで何たらかんたら」 「容量のアップ何たらかんたら」、電力会社が碍子の掃除だ・・・  そんな都度巻き込まれるし、時々落雷がある  そんな3,000円ポッチで巻き込まれちゃかなわないから「電柱をどっかへ持っていってくれないか」と苦情を言ったことがあったが、結局は取り合ってもらえなかった。  自分チの庭への落雷ともなると、殆どの電化製品はパーになるのです。 今度電力会社が顔を見せたら「落雷による損害は当方で補填します」ちう念書を書かせようと思ってます。 電柱一本のことだけど、爆弾を抱えていると同じだから、雷鳴が聞こえたらパソコン電源は必ず落とすことにしてます。  パソコンが惜しいのじゃなくて、その中身のほうが100倍も大事だからね。 
投稿者:onchan
くろあしまるさん、適切なアドバイスありがとう!

ご指摘のように、二度も落雷に遭ったので、調べてみたら四国電力に強力な避雷針を設置するなどの要望が可能だと言うことですがそのままになっています。

家庭用避雷器もどのくらいの費用で設置できるのかも、調べてみたいと思っています。

色々ありがとう!!
投稿者:くろあしまる
落雷による火災を防ぐため、第二種電気工事士の方に、『分電盤に「家庭用避雷器」を取り付ける』工事を依頼されることを強くお勧めします。
同じ電柱に二度も落雷するのであれば、行政を通じて、四国電力に掛け合って強力な避雷器をつけさせる、または高い避雷針の鉄塔を建設させるべきではないかと思います。二度あることは三度ある、人命第一ですから。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ