土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
mitanimomoさん、お久しぶり!

市の出店料が大きいと閉店する店が増えると思います。

安くして勧誘する方法は採れないでしょうかねえ?
投稿者:mitanimomo
おんちゃんお久し振りです。

此処のすり身天を買うのが愉しみでしたが無くなりました。
一説には市としては元々出店料が高額で売り上げ減と共に退店が相次いだ事も原因らしいですよ。
投稿者:onchan
詠正さん、「糧潺」とご指摘がありましたが、おんちゃんも以前調べてみましたが、よくわからないのが結論でした。

だから、「糧潺」かも知れませんが、そうでないかも知れません。
投稿者:詠正
<飴色の芋糧潺や梅雨の市>
  古くて懐かしいものが次第に消えていく。美味しいものが次々に出てくるが「懐かしさが籠もった美味しいもの」は心に滋養を満たしてくれる。  当地:愛知県半田市には 38市、49市、5十市があるが、寺社境内の市は残っているものの、路地の市は「強くなった嘗ての弱者」の為に消えてしまった。 今は弱者や少数派、障害者などが天下を取って、強者が肩身の狭い時代になっている。 強いものは「・・・ハラスメント」で訴えられる。 どこかでレンズが覗いているし、録音テープが回っている。恐ろしい、嫌な時代になったものだ。
投稿者:詠正
りょうせん  「糧潺」と書くのだろうか?
糧は「滋養のあるもの」 潺は「溶けた水状のもの」  だから両方を引っつけて「糧潺」

水飴を二本の棒を使って「ぐるぐる」とやると どんどん白いものになって美味しくなる。「糧潺」の場合はサツマイモから作った水飴なのかもしれない。  麦を焦がしたものは「コーセン」って言ってました。
 
投稿者:onchan
町のすずめさんも山田の日曜市に行かれたようで・・・。

あの懐かしい芋りょうせんが買えなくなるとは悲しいことです。

昔から続く食の伝統が廃れるのではないか心配しています。

今大型の量販店が主流となったシステムに一抹の不安を感じています。
投稿者:町のすずめ
こんばんは!

懐かしい日曜市!
多分もう20年くらい前 数回はいきました
芋りょうせん 買いました
たぶん Onchanのブログで 見たからだと思います

こちらでも10年前は 郊外の里のあちらこちらで 小さい農産物売り場があったんですが もう ほとんどありません
高齢化 鹿の被害 大型店の物流が格段に向上して 新鮮な野菜が並びます

田舎道を走って あっちで少し こっちで少し 買うのが楽しみでした!がねえ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ