土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在77歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品







カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
ねこ8さん、どういたしまして!

よくあるミスです。
投稿者:ねこ8
onchanさん、URL貼付け時、間違ったようです。どうもすみません(☻)
投稿者:onchan
詠正さん、とにかく逃げるのが一番です。

おんちゃんが区長をしているとき、「何か災害が起これば逃げんといかん!」というと、「あたしゃ年寄りじゃき、いつ死んでもかまん!」という人がいたら、「あんたを助けに行こうとして、他の人が死ぬかもしれん。
人助けと思うて、逃げんといかん!」と言ったことを思い出しました。
投稿者:詠正
それが一番です。
私はチリ地震津波の時に裏山へ急いで逃げたことがありますが、十時間以上も前からニュースなどで緊急避難を呼びかけ、さらに海の水が急速に引いて海の底が見える状態になっても避難せずに亡くなった人が沢山いました。 東日本大震災でも、大津波が襲ってくるまでには一番近いところでも20分から30分はあった筈。 どんなへたれ老人でも逃げれるだけの時間なのに避難しないのは正に自殺と一緒です。  一番悪いのは気遣って来てくれた人に「あたしゃ年寄りで何時死んでもいいから あんた 行ってくれ」という人   素直に引っ張って行ってくれれば助かるんです。   熱海の災害でも沢山の人が人が避難してるのにね。  ともかく行政が動こうが動くまいが「心配だったら即 逃げる」こと。そうすれば命を失うことは無いのですから。
投稿者:onchan
詠正さんの言われるように、水が濁るのは危険信号!

おんちゃんの家の後ろから出ている地下水が濁れば逃げるようにしています。
投稿者:詠正
大雨が降っていても水がそれほど濁ってなければ安全。  濁ってきたら注意か避難準備。  川に波がたって濁流状態なら避難。 川全体が濁流になり、川全体にモヤが掛かり「ゴーゴー」と音がするようになったら「逃げ遅れ」それでも逃げないならば自殺と同じ。  
 逃げる目安は「川、または渓谷のモヤ」です。  そして 雨が止むようになったら「土砂崩れ」になる。   濁流と「モヤ、モヤ、モヤ」   
投稿者:onchan
ねこ8さん、NHKの動画のアドレスは下の通りです。

https://www.nhk.or.jp/sonae/douga/suigai0003.html

被害想定地域になっていても、何も出来ないのが実情です。
 
周辺の地形は頭に入れておいたらよいと思っています。
投稿者:ねこ8
土着連れとは違うかもしれませんが、がけ崩れの前は色々前兆があるようですね
https://www.https://www.nhk.or.jp/sonae/douga/suigai0003.html

実は我が家も土砂崩れの際の被害想定地域になっていて…でも特に何もできませんから
注意報・警報に気をつけておこうと思いましたが、熱海では避難勧告は出ていなかったのでしたっけ…。
毎日行く散歩の時に山の様子を見ておけばいいのでしょうが、雨続きだと出かけないので気がつきません(汗)…他人事ではないと、いろいろ考えてしまいました。
投稿者:onchan
詠正さんところは安全なようで、安心ですね。

今は、過去から現在に至るまで、問題がなかったとしても、どうなるのかわからないご時世で、十分気をつけようと思っています。
投稿者:詠正
ここは伊勢湾台風や三河地震、東海集中豪雨などのあった場所だけど、標高20mぐらいあるので地震、洪水などに関わるマップでの区域には入ってなかった。 活断層が走ってるけど、これは日本国中どこも同じだから ま 調べた所大丈夫な地域に入るようです。 近くに大きな溜池があるけど、そこからは50mもズレた場所。  先日、池下の住民に「あんたところは一等地だね」って言われたが、地域住民がそう思ってるぐらいだから安心してもよさそうだ。  山裾の扇状地にあるおんちゃんのところのような場所は、どこもマップには引っかかるから、万が一の場合を考えてちょっとでも徴候があれば避難することを考えておいたほうがいいですよ。 今は天気予報技術も格段に上がっているから、予報が出て、実際に猛烈な雨が阿蘇ってきたら、早めに避難して下さいね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ