土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
詠正さん、24時間かけて往復し、8時間の滞在とは常人には考えられないほどの激務ですね。
投稿者:詠正
 総選挙が終わったばかりだというのに、総理は11月2日、英国グラスゴーにおけるCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)の首脳級会合である世界リーダーズ・サミット等に出席。 凡人の小生には想像もつかないが、総理は相当の激務をこなせる人でなければ務まらないですね。
投稿者:onchan
詠正さんのご意見も賜りました。

立憲民主党も代表が替わることになったので、どのような変化があるのを見極めたいです。
投稿者:詠正
「立憲民主党の敗因」
 一党独裁とは権力で他党を封じ込めて横暴な政治を行うことをいうが、自民党の場合、正常な国民投票によって支援された結果、長年にわたって政権を継続していて「独裁政権」とは言わない。  中國のウィグル族の弾圧や金正恩の妹による粛清を語るまでもなく、独裁政権は自由という国民の権利を奪い、有無を言わさず粛清する。立憲はこうした党と手を組むことを公言して選挙に臨んだが、敗れて当然の結果だった。 共産党との決別を行わない限り、自民党と肩を並べる野党第一党にはなれない。 自民政権を引き継げる野党ならば応援したい。
 今回の選挙で棄権した人の言葉を今朝の新聞で報じていたが、もっともらしい言葉を並べたところで、棄権する人は どんな選挙でも理由をつけて棄権する。棄権してきた人達なのです。 理由があるなら、その理由に近い人、党に投票するのが国民の権利行使というものだ。 投票しない人の意見を報じるようなマスコミにも問題がある。
投稿者:onchan
詠正さん、今回の投票率は少しは上がっていますが、6割にも届かず、棄権する人の民意は?といつも考えさせられます。
投稿者:詠正
選挙となれば迷うことなく「自民党」です。57年間この投票は絶対。 特に民主党が政権を握った途端に 菅直人、蓮舫、枝野、小沢一郎などが日本政治の「でんぐり返し」を図って、官庁の役人を怒鳴りつけ、既存組織をずたずたに、また宮城県知事を恫喝したり、東京都の水瓶になるダム建設を待ったなしで中止させるなどの暴挙を重ねたことに恐怖を感じて以来、ますます自民党へ投票することの必要性を感じましたね。  このコロナ感染の非常事態を「政府転覆のチャンス」と公言した枝野は、まさに国賊ものです。 しかし棄権者が多いのは許せないですね。
投稿者:onchan
mitanimomoさん、同感です。

アベノミクスを自画自賛するが、ほぼ10年ぐらい国民の年収は横ばいで、他の国と大きく差を付けられ、今や、先進国とは言えない状態です。

昭和の後半ぐらいには、貧しくても、活気に満ちた時代が懐かしいです。
投稿者:mitanimomo
おんちゃん、私も先週金曜お袋の通院に併せ投票して来ました。
長期独裁に鉄槌を降ろすべく投票しましたが当落よりも意思表示が大事ですねぇ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ