土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
詠正さんもイチジクを育てていたのですね。

おんちゃんはまともに育てられなくて、実が付いたと思えば、鳥に食べられ、散々で、今ではとうとう諦めて、伐採しました。

買うとなるとかなり高いですね。
投稿者:onchan
福平さん、イチジクは木が柔らかいためなのか、害虫によく穴を開けられ、やむなく伐採したことでした。

イチジクほど被害をこうむるのはないほどです。
投稿者:詠正
あ〜〜あ  fukubeiさんチのイチジクもですか!  わたしの場合、殆ど毎年切り取って、新芽を伸ばして実をつけさせるようにしてました。 1株は8〜10本仕立て  1本に約20個ほど実をつけますので、約200個ほどの収穫。 そのうち完熟させて収穫するのは半分  残りは完熟出来なかった小さいままのを完熟前に摘み取ってジャムにしてました。 今は畑を地主へ返してしまいましたが、5株のうち3株は知人の近藤さんへ譲渡し、残りは地主さん用  今年からは買って食べなくちゃいけないけど、イチジクって結構高い。 1パックか2パックぐらいしか年金生活では買えないね。 
投稿者:福平 (fukubei_b)
>カミキリ虫

うちも立派な一文字仕立てのイチジクの木に巨大な穴を開けられました。

イチジクも去るもの、枝で命を繋いでいました。
が、勢いは全然ダメになり、とうとう伐採しました。
投稿者:onchan
詠正さんのアドバイスのおかげで、梅の木もカミキリムシなどにやられる事がわかり、目が覚めた感じです。

色々とありがとう!!
投稿者:詠正
おが屑がポロポロ溢れてくるようならば そこに幼虫が住んでいるのは100%確実なので徹底的に駆除して下さい。小さな穴ならば、まだ十分に大きくなっていない幼虫で、ぼろぼろと溢れて山になっているようなら成虫になる前の巨大な幼虫です。大きさは人差し指の2関節ぐらいの大きさ。 穴を縦に割ると出てきますが、鯉の口でも飲み込めないほどでびっくりするでしょう。 成虫は無花果の葉裏や幹に縋り付いてますが、静かに捕獲しないと逃げるか落ちて探せなくなります。 綺麗な成虫なので子供は喜びますが、果樹栽培農家にとっては天敵ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ