土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年末に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在75歳で後期高齢者に突入)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
L.Lうさちゃんもはちくの寿司が大好きとか。大利のOさんて、大崎さん?

昨年ははちくは少なかったけど、今年は結構多く生えてきています。
投稿者:L.Lうさちゃん
夜分遅くすみません。
私もはちくのお寿司は大好物です。
春、大利のゲートボール場でお花見をしたとき、大利のOさんに頼んで、田舎寿司でパーティー寿司を作ってもらいました。
あっという間に売り切れてしまいました。
去年ははちくがあまりとれなかったですね。
今年はどうですが?
投稿者:onchan
「ほう葉寿司」と書いていますので「ほうよう」と読むかと思ったら、「ほうば」ですね。
ネットで調べたら、飛騨地方の郷土料理だとのこと。ほうの木の葉っぱで作るとか。
そんなわけで、おんちゃんは全く知りませんでした。
ほうのきの写真を見てもはじめて見る木で、多分高知ではないのではと思っています。
この歳になってはじめて知りました。
今度この時期に飛騨地方へ行ったとき、食べてみようと思います。
貴重な情報(おんちゃんが知らんかっただけかも?)をありがとう!
一つ知恵が付きました。
投稿者:たんぽぽ
おんちゃん こんばんわ
おいしいえさにはすぐ食いつく魚です。

はちくの姿寿司とははじめて聞きました。
面白いですね。 はちくでまぜずしは作っておりますが何で穴を開けるんだろうと思ったら姿寿司なら納得、グットアイデアです。
こちらはそろそろ ほう葉寿司のシーズンです。 ご存知でしょうか?
ほう葉の上に酢飯と具をのせて2つおりにして漬け込み香りが移った頃合を見て食べます。  前もって準備しておく事ができ、そのうえあとかたずけは葉っぱを捨てるだけとお客さんのもてなしには大変うれしい料理です。 ネットにもいろんな作り方が出ていますが私の作るのは郷里で親しんだ2つ折のほうです。 
AutoPage最新お知らせ