土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年末に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在75歳で後期高齢者に突入)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
桃太郎さん、人間が心配するほどのこともなく、犬はふらっと帰ってくるものです。
ところが一番心配なのは、その2匹が夕方吠えながらイノシシを追っていったことです。
ふらっと帰ってくればよいのですが・・・。
投稿者:桃太郎
10日も帰って来ないとなると心配ですね。
猫もそうですが、親離れの時期になるとふらっと居なくなることがあると聞いたことがあります。しかし、昔と違って一人、いや一匹で生きていくのは大変だと思いますね。良い人に飼われていると良いのですがね。そのうちふらっと戻ってくるかも・・・・・

http://plaza.rakuten.co.jp/momotaro1188/
投稿者:onchan
町のすずめさん、KTさんの話は、犬に対する愛情あふれる話。
昔からある犬に対する尊敬の念がそのようなしきたりがあると思います。
昔からのしきたりは本当に深い意味を持っており、迷信とか無知を超越した昔からある美しい日本人の心があるような気がします。
古い奴だとお笑いでしょういがおんちゃんはそんなに思っています。
投稿者:町のすずめ
KTさん
いいお話ですね
ホロっときました

お椀にもぐさなんて onchanの仰るように愛情ですよね
もぐさってとこが なかせます!!

若いころ 迷信だとか無知だとか思っていたことが 深い意味をもってたりすることもありますねえ

投稿者:onchan
KTさん、色々教えていただきありがとうございました。
要するに、犬に対する心からの愛情の証だと言うことが分かりました。
投稿者:KT
「もぐさ」の意味は 分からないけど いつもご飯を入れている器で 犬のお腹が痛むとかあるんでしょうかねぇ?
それで 家の事を思い出し 帰らなくっちゃなんて・・・
それが効してか分からないけれど 犬が帰ってきたら お砂糖をなめさせていました。
犬も 疲れきって やっと帰り着いたみたいな感じでした。

帰らないと悲しくて 心配でたまらなかった事を思い出しました。

投稿者:onchan
KTさん、貴重なご意見ありがとうございます。「もぐさ」をおいていたとのこと。
どういう意味でしょうか?田舎には色々なしきたりがあり、そんな伝統を耳にすると、何かしら不思議な気がします。
昔から受け継いでいることを大切に考えていきたいと思います。


投稿者:KT
おはようございます。
犬たちは まだ帰ってこないのですか?
私が 小さかった頃 父が猟犬を飼っていて 猟に行ったまま 帰らないときに 犬の食器に「もぐさ」をすえていた事を 思い出しました。

ボンとリンが プレイボーイでありますように・・・

そして 近くの彼女の良さに目覚めて 早く帰って来てくれます様に。
AutoPage最新お知らせ