土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在78歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
大空さんの地区も限界集落状態だとのこと。
日本各地の田舎がこのようになってきているのは悲しい気持でいっぱいです。
車がなければ生活が出来ない。
車の運転が出来なければ、住んでいられない。
悪循環ですね。
人口減が一番の問題のように思います。
昭和の終わり頃は、人があふれ、活発だったのに・・・・。
投稿者:onchan
ばくちゃんさんの言われるように、鏡は確かに市内中心部には30分ぐらいで行けるので、田舎とはいえ交通の便はいいほうです。
空き家になって廃れて行く家は、あまりにも古いので、なかなか住む人はいないと思います。
投稿者:大空
私のところも準限界集落じゃかいのかと思ってましたが、地区で見ると限界集落状態ですよ。
軽トラが6台止まっていると、全部が老人マーク付き。
私の車は軽トラじゃないが、かろうじてマーク無し。
スーパーの駐車場に行くと驚きます。
地権者が入り組んでいて、大規模も難しくなっているようです。
東京から近いが、杉林の保護で人気が無く、売り地も看板はあるが、売れないようです。
かつて人が住んでいたところも、廃屋状態の雑草だらけ。
車が無ければ生活はできないんです。
町の巡回バスはあるが、本数がかなり少なくなって来ました。
海の方は人気があるのに、山のほうは人気無し状態。
何とかしないと廃屋が増えるんですが、新しい作物を植えることに不安があって誰もがしないんですね。
私がいろいろ植えてますが、見に来てはくれますが、判らんから・・・。
判らない作物は手を出さんのです。
限界集落になりつつありますよ。

投稿者:ばくちゃん
鏡はまだ、高知市に近いから若い人も住めるようにしたらいいんじゃないかしら。
うちの管理者27歳女性は、鏡に住みたいと言ってますよ。
空き家でも貸したりできたら、もっと良い方幸に向くと思いますが、そんなのはどうなんでしょう。
わざわざ団地を建てなくても、一軒家の賃貸は難しいですか?

http://tamaomii.blog97.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ