土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年12月に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在76歳の後期高齢者)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変街に近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

土佐のおすすめ逸品

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
yuzuyuzuさんと同じで、久しぶりの恵みの雨でおんちゃんもゆっくりしゆう!
骨休みや。
yuzuyuzuさんところにはサルが出没するとのこと。しかも10年前ほどにはサルや鹿などいなかったとのこと。
おんちゃんところも昔はイノシシなど人家の近くにはいなかったが、今はすぐ近くまで出没する。
段々人間が、イノシシや猿や鹿に追いやられているような気がする。
どうぞ、サルや鹿はyuzuyuzuさんところまででとどめておいちょいて下さい。(笑)
あと10年もすると、おんちゃんの家のまわりにもサルが出てこないとは断言出来ん。
けど、サルまでが竹の子を食うとは知らざった。
おんちゃんところの天敵は今のところイノシシ、ハクビシン、ウサギなどじゃが、これに猿、鹿が増えたら、どうしよう。
投稿者:yuzuyuzu
おんちゃん、久しぶりの恵みの雨でゆっくりしゆう。
寂しいことですねえ、お気持ちよくわかりますわ。
きのうは野良の帰りにタケノコを掘ってきたのですが、なんとほとんど全部、出てきたタケノコの先っぽをサルに食われちょった。
話しに聞いてはいたが、現実を見るとちょっと腹が立つ。
サルそのものも30m位先で目がおうた。
携帯で写そうとしたけれど逃げられた。
仕方が無く、荒らされた跡が新しいのと、ちょっとだけ出かかっている無傷のを掘って来た。
まあ、サルが先か、人間が先か、こっちから言わせてもらうと「サルのおこぼれ」を「頂いている」ようでなんとも情けない話し。
これというのも、山里に人が少なくなって来た結果かも知れない。
ほんの10年前まではこの田舎でサルや鹿など見たこともなかった。
投稿者:onchan
大空さん、これが時代の流れというものでしょうかねえ。
その時代にあったものが生まれ、時代にそぐわなくなれば、廃れてゆく、そんな感じです。
食の安全、自給率の向上など絶対必要なことだと思いますが、田舎の一地区の力ではどうしようもない無力感も感じます。
いま、私も加入しているアンテナショップ「鏡村の店」が希望の星です。
投稿者:大空
なんか寂しい話ですね。
食糧自給率を高めよう!
そんな話はどこに行ってしまったのか!
食の安全の話はどうなったんじゃろか!?
輸入食料品は増えている状況、安心より安価になってしまったようです。
冷凍食品が売れています、冷凍食品の大半が輸入食材です。
大型冷蔵庫が売れ、安い冷凍輸入食材を保管するため。
昨年来の食の安全、自給率ってどこに行ったのじゃろう!
こだわる人は少数派です。
有機栽培による、食の安全。
最近は聞きません、自給率も聞かなくなった気がします。
私の周りの人だけでも安全なものを食わせますよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ