土佐のおんちゃんの田舎暮らし

平成15年末に国立病院を定年退職後、約40年ぶりに生まれ故郷(高知市鏡)にもどり、集落の人々と交流しながら、無(減)農薬・有機栽培の野菜・果樹つくり、美食の探求などに試行錯誤で挑戦中(現在75歳で後期高齢者に突入)
また、おんちゃんの作った野菜や果樹、山菜を直売店・鏡むらの店に出荷し、微力ながら、地産地消に貢献中!

 
 高知市鏡(旧鏡村)は、高知市の北部に位置し、高知市の水瓶鏡ダムを抱える面積60.06kuの山村地域ですが、高知市中心部より車で30分で来ることができる大変近い田舎です。
 地形は平坦地がきわめて少なく、標高20〜900mの山々が連なり、15〜40度の急傾斜地が全体の95%を占めています。そして耕作面積は少なく林野率は87%に及んでいます。
 気候は年平均気温は15℃前後と比較的温暖多雨で植物の生育には適していますが、山間部で日照時間が短いため、主要農作物の収穫量は少ない反面、わらび、ゼンマイ、イタドリなどの山菜はもとより、たくさんの珍しい山野草なども見られます。
 次のブログランキングに参加していますので、一日ワンクリックの応援をお願いします。

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onchan
Tomoさん、ハランボウは懐かしそうですね。カツオの肝もおんちゃんは好きで、主に塩焼きにして食べます。
チリに住まわれているとのこと。外国に住まわれて色々なことが体験できてうらやましく思います。
チリは地形からしても、魚介類が豊富でしょうねえ。
高知でもよく「チリ産鮭」などと書いて売られています。
Tomoさんと一献交えて、チリの話など詳しくお聞き出来れば最高です。
投稿者:Tomo
ハランボウ懐かしいです。子供の頃、かつお一匹に一個の肝のしょうが煮込みが大好きでした。ああ、高知が懐かしい!。高知は海・山・川のものが豊富で本当に素晴らしいところですね。私は今、南米のチリに住んでいて、魚介類はすごく豊富です。鮭・海・幻のセントーヤ蟹などは日本に沢山輸出していると思います。お隣のペルーはこれまたインカ帝国時代からの調味料を使ったおいしいお酒、料理が沢山あります。でも南米の祖先はやはりアジア人と太平洋を越えてきたポリネシア系の人々なので、アジアの血を感じます。一年に一回くらいしか日本に帰国できませんが、今度帰郷するときは是非おんちゃんに逢いたいですね。
投稿者:onchan
ikko.A-I.M.さん、多分スーパーなどでもハランボウは売っているのではと思います。
注意して魚売り場を見られると、カツオのハランボウがなければ、マグロのハランボウはあると思います。
高知県人はカツオが好きですので、特別でしょうか?
よくわかりません。
投稿者:ikko.A-I.M.
ハランボウというのですね、初めて知りました。
こちらでは売っているのを見たことが無いので、そういうものの存在すら、考えて事ありませんでした。あらと一緒に捨てられているのでしょうか?
でも、魚をおろせばあるのが当たり前ですものねぇ(笑)
そういえば、私は小鯵を三枚におろす時に鯵のハランボウ(こういう言い方していいですか?)は、潮汁のだしに使っています。かつおのように大きな魚だったらハランボウも大きく食べ応えがあるでしょうね。食べてみたいです。

http://ikkoaim.exblog.jp
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ