カール・ベームの遺産






巨匠のディスコグラフィーを含むブログです。
追って試聴記を追記します。

巨匠の音楽に感銘を受けた思い出の在る方は、どうぞ御覧ください。


 

管理人の独り言


このblogは、2009年から始めたので、それなりだが、実はこれを始めた当時は、まだ巨匠(カール・ベーム)の残したレコードの事を類型的にまとめたものはなくて、それならばと始めたblogなのだが、現在では気が付くと、その手のblogはそれなりにある。時代も変わったものだと思うが、その頃のネットではどちらかと言うとblogを目録のような資料として使う事自体が稀で、然もマニアっぽい人がやっている専門的なものもあったのだが、この形式のものはあまりなかったと思う。その当時の小生は掲示板ばかりを利用していたので尚更だが、たった8年位の間でも「随分と変わるものだ」と関心をする。だから掲示板を運営していた事もあったのだが、そのうちにFacebookやらTwitterが発展をするのだから、掲示板なんぞ、無用の長物となっても時代の流れだ。そんなこんなで続けているblogだ。なので自身では割と最古のものだ。しかしながら古い録音ばかりを扱っているので、ある程度の更新をするとネタが見つかるまでは、更新がお休みとなるのは仕方がない。それに別に慌てる必要もない。だからマイペースだ。そして内容としても特定の指揮者を取り上げているので、些かの偏りがあるのも認める。だがファンだから開いたとの理由ではあっても、なるべく客観的に紹介をしようとは心掛けている。それは「痘痕も靨」みたいになると、結局ファンの為だけのblogになってしまい、そんな悪い処の傷を舐め合っても何にもならないからだ。それこそ新即仏主義の巨匠の演奏にも傷が付こうと言うものだ。そこで御勘弁願いたいと思っている事だが、確かに「なんでこの演奏が取り上げられないの?」てな状態にもなっている。ライヴ音源からのCD化も後から結構されているので尚更だろう。てな訳でのんびりとしたペースではあるが、まだまだこのblogは続ける気でいるので、閲覧をしている方には、気長に御付合い願えればと思う次第だ。管理人からの独り言である。時折あるコメントもありがたい。




カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひまうま
度々ありがとうございます。

再度訂正がございます。

「クレメンス・クラウス追悼演奏会」が行われたのは

 正しくは

1954年(昭和29年)5月23日日曜日

 でございます。

誠に申し訳ございません。
投稿者:ひまうま
大量の資料を頂きありがとうございます。

こちらのblogにも見識違いによる勘違いもあるので、これからも修正に努めたいと思います。

数々の演奏会の資料は、とても参考になります。おりを見て、その資料を元に関連の記事でもと思っております。
「ウィーン楽友協会」が「ウィーン楽友教会」になっている箇所もございます。

小生の誤変換と確認漏れに起因しております。

訂正いたしますとともに衷心よりお詫び申し上げます。
こんばんは、お邪魔させていただきます。

1965年は和暦で昭和40年でございます。

お詫びして訂正させていただきます。

誠に申し訳ございませんでした。
(後編3)

1965年(昭和30年)
 9月18日土曜日「ブエノスアイレス・コンサート」
会場:テアトロ・コロン

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 9月22日水曜日「ブエノスアイレス・コンサート」
会場:テアトロ・コロン

 歌劇「タンホイザー」序曲

 9月23日木曜日「ブエノスアイレス・コンサート」
会場:テアトロ・コロン

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 9月26日月曜日「バルセロナ・コンサート」
会場:テアトロ・デル・リセオ

 歌劇「タンホイザー」序曲

1975年(昭和50年)
 3月19日木曜日「東京コンサート」
会場:NHKホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 3月22日土曜日「東京コンサート」
会場:NHKホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 3月25日火曜日「東京コンサート」
会場:NHKホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 3月25日火曜日「東京コンサート」
会場:NHKホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

1976年(昭和51年)
 3月28日日曜日「ロンドン・コンサート」
会場:ロイヤル・アルバート・ホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 5月2日日曜日「フライブルク・コンサート」
会場:フライブルク・シュタットハレ

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 5月3日月曜日「パリ・コンサート」
会場:パリ・パルコン

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

1977年(昭和52年)
 3月11日金曜日「東京コンサート」
会場:東京文化会館大ホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 3月12日土曜日「東京コンサート」
会場:NHKホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

以上が博士とウィーン・フィルのワーグナー作品の全公演記録であります。




(後篇2)

1956年(昭和31年)6月17日日曜日
「ウィーン国立歌劇場コンサート」
会場:ウィーン国立歌劇場

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

1965年(昭和30年)
 9月13日月曜日「リオデジャネイロ・コンサート」
会場:マラカナン・ア・ツィンホ

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
 歌劇「タンホイザー」序曲

 9月14日火曜日「サンパウロ・コンサート」
会場:サンパウロ市立劇場

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
 歌劇「タンホイザー」序曲

 9月15日水曜日または16日木曜日「サンパウロ・コンサート」
会場:サンパウロ市立劇場

 歌劇「タンホイザー」序曲

(後篇3へ続く)

(後篇1)

1951年(昭和26年)6月9日土曜日「赤ー白ー赤コンサート」
会場:ウィーン・コンツェルトハウス大ホール

 歌劇「タンホイザー」序曲

1954年(昭和28年)5月27日「クレメンス・クラウス追悼コンサート」
会場:ウィーン楽友協会大ホール

 楽劇「神々のたそがれ」より「ジークフリートの葬送行進曲」

1955年(昭和30年)
 3月1日日曜日「リスボン・コンサート」
会場:リスボン・テアトロ・ティヴリ

 歌劇「タンホイザー」序曲

 11月5日土曜日「ウィーン国立歌劇場再建記念コンサート」
会場:ウィーン国立歌劇場

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

(後篇2へ続く)

こんばんは、お邪魔させていただきます。

「さまよえるオランダ人」、「ローエングリン」そして「トリスタンとイゾルデ」はとても内省的で知的で立派な演奏だと感じました。

 さて小生お馴染みのウィーン・フィルのアーカイブから博士とのワーグナーを演奏した記録(数的に多くありません)を全て網羅したく存じます。

(前篇)

 先ずは演奏会形式の全曲公演からであります。

1944年(昭和19年)
 11月28日火曜日「ラジオ・コンサート」
会場:ウィーン楽友大ホール
 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(全3幕)

 誠に遺憾ながら声楽陣に関する記述がございません。

 次は抜粋であります。

 12月2日土曜日・3日日曜日
「ワーグナー・コンサート」
会場:ウィーン楽友教会大ホール

 楽劇「ヴァルキューレ」から
第1幕全曲
第3幕より「ブリュンヒルデとヴォータンの二重唱」

Bass:ヘルベルト・アルゼン
Tenor:マックス・ローレンツ
Sopran:ヒルデ・コネツニ
Sopran:アニー・コネツニ=ヴィートマン
Bass:パウル・シェフラー

 博士は歌劇「タンホイザー」序曲、楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲及び楽劇「神々のたそがれ」より「ジークフリートの葬送行進曲」の三曲だけを取り上げております。

1943年(昭和18年)10月4日月曜日「ケルンテン楽友協会祝祭コンサート」
会場:ウィーン楽友協会大ホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

1944年(昭和19年)
 6月11日日曜日
「リヒャルト・シュトラウス生誕80年記念コンサート」
会場:ウィーン楽友協会大ホール

 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

 11月15日水曜日
「ドイツ空軍ヴォルター・ノヴォトニー少佐追悼コンサート」
(ドイツ空軍の伝説的パイロット・ノヴォトニー少佐が8日水曜日に戦死したことを悼んで開かれたものであります)
会場:ウィーン・ホーフブルク宮殿

 楽劇「神々のたそがれ」より「ジークフリートの葬送行進曲」

(後篇へ続く)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ