カール・ベームの遺産






巨匠のディスコグラフィーを含むブログです。
追って試聴記を追記します。

巨匠の音楽に感銘を受けた思い出の在る方は、どうぞ御覧ください。


 

管理人の独り言


このblogは、2009年から始めたので、それなりだが、実はこれを始めた当時は、まだ巨匠(カール・ベーム)の残したレコードの事を類型的にまとめたものはなくて、それならばと始めたblogなのだが、現在では気が付くと、その手のblogはそれなりにある。時代も変わったものだと思うが、その頃のネットではどちらかと言うとblogを目録のような資料として使う事自体が稀で、然もマニアっぽい人がやっている専門的なものもあったのだが、この形式のものはあまりなかったと思う。その当時の小生は掲示板ばかりを利用していたので尚更だが、たった8年位の間でも「随分と変わるものだ」と関心をする。だから掲示板を運営していた事もあったのだが、そのうちにFacebookやらTwitterが発展をするのだから、掲示板なんぞ、無用の長物となっても時代の流れだ。そんなこんなで続けているblogだ。なので自身では割と最古のものだ。しかしながら古い録音ばかりを扱っているので、ある程度の更新をするとネタが見つかるまでは、更新がお休みとなるのは仕方がない。それに別に慌てる必要もない。だからマイペースだ。そして内容としても特定の指揮者を取り上げているので、些かの偏りがあるのも認める。だがファンだから開いたとの理由ではあっても、なるべく客観的に紹介をしようとは心掛けている。それは「痘痕も靨」みたいになると、結局ファンの為だけのblogになってしまい、そんな悪い処の傷を舐め合っても何にもならないからだ。それこそ新即仏主義の巨匠の演奏にも傷が付こうと言うものだ。そこで御勘弁願いたいと思っている事だが、確かに「なんでこの演奏が取り上げられないの?」てな状態にもなっている。ライヴ音源からのCD化も後から結構されているので尚更だろう。てな訳でのんびりとしたペースではあるが、まだまだこのblogは続ける気でいるので、閲覧をしている方には、気長に御付合い願えればと思う次第だ。管理人からの独り言である。時折あるコメントもありがたい。




カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maruno
早速のご返信に感謝いたします。
「スタンダードに楽曲の構成を構造から(説明的ではないのに)解らせてくれる演奏」まさしく!
「これこそウィーンのブラームスです、と自信を持って薦められるレコード」まさしく!
心より賛同の意を表します。
投稿者:ひまうま
熱烈なる御感想ありがとうございます。
こちらのレコードが発売された当時は、まだカラヤンもおり、ベルリンのそれと比べられましたが、その辺は現在とのレベルとは大違いの芸術レベルでしたから、今になって聴き直してみると、発見するものも当時と違うのも当然です。

そこでこの全集を改めて聴いてみると、これがスタンダードに楽曲の構成を構造から(説明的ではないのに)解らせてくれる演奏だと言えるでしょう。しかしそんな演奏は今時なかなか御耳に掛かれない。だから博士の演奏が、その点では一番だと思います。ウィーンフィルのコンディションも最高です。なので「これこそウィーンのブラームスです」と自信を持って薦められるレコードです。
投稿者:maruno
今、1番を聴いています。さすがにこれはベームの十八番、といった貫禄の風格がいっぱいの演奏ですね!掛け値なしでOKです。

数多く市販されている同曲のライブと比べてやや遅めでおとなしいのが、全体的な特徴。特に来日公演の空前絶後の超絶的名演とは違うかもしれない。しかしやっていることは徹頭徹尾同じであって、このスタジオ盤が一つの模範であり、終着点のような気がします。

開始の冒頭!いいね!

2楽章。弦が美しい!「高雅にして些の穢れだになし」

3楽章。「高雅にして些の穢れだになし」

4楽章。圧倒されるね!展開部のさびの部分はさすがだ!

1番はこの録音と日本公演が最高と思っています。
投稿者:maruno
今、3番を聴いています。僕は3番があまり好きではないので、この盤で聴くのも十年以上前以来のことになります。感想は一言、「聴き終わると、どんな演奏だったか後で語るには今ひとつてな感じがする。」でございまして、すべてにおいて同感であります。

さらに私見を述べますと次のようになります。

@「70年代のベームは内省的だ」とする多くの評価はこの盤が代表になっていると思われます。

A「ベームの録音は、スタジオのものは今一つ面白くない」「ベームは実演のライブではじめて集中力等が存分に発揮される指揮者だ」等の評価を代表する盤でもあるように思われます。ちなみに、私はベームという人は、スタジオでもその実力を存分に発揮してきたと確信しています!

Bフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュも実演派の代表格のように言われますが、はたしてどこまでそうなのか、疑問があると考えています。

Cこの盤の3楽章、美しいですね!モーツァルトの40番・2楽章とおんなじだ!ウィーンフィルと共にね!

D4楽章。この楽章でこの交響曲のそれまでがすべて解決されていることがこれほどまでに理解させてくれる演奏は、そうそうあるものではないです!

最後に。ひまうま様、文章がいいですね!その実力の一部でも私にくださいませ!
投稿者:maruno
ここは3番に関するページですが、3番にこだわらず書かせてくださいませ。

僕が35年前にこの全集で最初に打ちのめされるほどに感動したのは、4番です。特に4楽章のパッサカリア!とにかくインテンポでぐいぐいと押していくことからくる推進力と、にもかかわらず、その細部に溢れる歌心に、ただただ圧倒されるばかりでした。それまでBrahmsの交響曲はどうも苦手で今一つ聴けなかったところへ、とある日、その感激は突然来たのでした。なつかしい!その覚醒(?)が”巨匠”の全集であったことに、その出会いへ祈るような気持ちで感謝しています。その後4番の全曲を通して聴くこと何十回になることか!文字通り、当時のLPがすり切れたほど。

同時に、2番にこれまた打ちのめされた!もしかするとこの全集で一番凄いのは2番かもしれませんね。2盤にはBerliner Philharmonikerとの旧録がありますが、あれもたまらない!どちらももう、模範中の模範ですよね。よけいな飾った表現を一切排しつつ、綿密なまでに熟考されつくされたかのような構成感、輝くばかりの日差しを終始包まれているかのような幸福感こそ、この2番の永遠の名盤と確信しています。

1番と3番は後日に書きます。
投稿者:ひまうま
いつも適切なコメントありがとうございます。

巨匠の録音で独DGのものは、響きがたっぷりしているので、オーケストラ曲の場合は、そのシンフォニックな魅力を存分に味わう事が出来るんですが、巨匠と言えば感傷的な演奏をしないので、オーケストラの持つ機能性が聴き取れると思っています。

そこが新即物主義の影響を若き日に受けた巨匠なればこそ、楽曲の持つ構成が明らかになります。

さて巨匠のブラームスですが、どうやら音楽性がマッチングをしているのか、哲学的な面も演奏に聴き取れます。

こんなブラームスも最近は聴けませんね。

こんばんは、お邪魔させていただきます。

旧盤は確かに弦楽器が前面に出ている気がいたします。

それでもポルタメントがかかった弦楽器の美しさは得も言われぬものがあります。

この頃はヴィリー・ボスコフスキーがコンサートマスターだった時代でしょうか?

ウィーン芸術週間1963開幕コンサートのR.シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」でのボスコフスキーの素晴らしい独奏を想起せずにはいられません。

ウィーンの高貴で力強い弦はシャルクやヴァルターの頃の面影を遺すものではないでしょうか?

新盤も聴いてみました。

第一楽章では弦楽器と管楽器のバランスが良いなというのが第一印象であります。

これが機能的ということなのでしょうか?

第2楽章における管楽器の歌にはうっとりとさせられました。

第3楽章で感傷にひたらないところは博士の面目躍如であります。

終楽章の重厚なドラマに圧倒されました。

総括しますと大変哲学的な演奏であります。

こうした立派なブラームスを今日生演奏で聴くことは不可能になってしまいました。

ですので、歴史的遺産とも呼ぶべき本演奏をこれからもじっくりと味わってゆきたいと考えております。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ